UA-92533382-1 よつば農場便り: 2022年6月

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月25日 (土)

えん戦

戦争の抑止力に「えん戦気分」がある。ロシアの兵士もウクライナの兵士も、本当はそんな苦しいことも怖いこともしたくなくて、サッカーの試合でも見ていたいはずだ。人々の暮らしが豊かになればなるほど、馬鹿げた戦争になんて行きたいとは思わない。理不尽な独裁者の野望になんて付き合っていられず、さっさと持ち場に割り当てられた戦場から、背中を向けて立ち去るはずだ。

だとすると戦争に近い国とは、貧しい国だ。格差があって、生活に苦しい人が多い国こそが、戦争に近く、そして苦しむ人が、その苦しみのはけ口に、政治指導者たちの扇動に乗り、戦争へと参加していく。そういう意味で日本は戦争に近い国なのではと憂慮する。いざ戦争になり動員された時に、「さんざん隣国への憎悪を煽り、今自分は安全なところにいて命令を下しているあの指導者の命令に従うなんて馬鹿げていますから、持ち場を放棄して帰りましょう、上官殿。私は、家に帰って好きなスポーツ番組を見たいんです」と言えるだろうか。いや、ぜひ言って「えん戦」を貫きたいが。

follow us in feedlyにほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

信なくんば立たず

「国を愛する」と称する人たちは、戦後教育の欠陥に、自由・民主主義・平和を広げた日教組を指弾するが、「孔子」や「孟子」など漢文を教えなくなったことをなぜ指摘しないなのだろうか。私などは、漢文教育は広く国民に浸透してしかるべきだと思うのだが。

そういう意味で戦後教育の欠陥を被ったのは安倍首相もそうであろう。お友達を優遇して獣医学部を創設したり、自区の選挙民を観桜会で饗応したり、そしてそのことについて虚偽を述べたりという行為は、もし漢文の素養があれば、「君は私の友人であるが、私が権力の座にいる間は会うのをやめよう。なんとなれば、人はあらぬ疑いをかけるからだ。李下に冠を正さずというからね」と、厳しく己を節することもできたであろう。

そして、敵対感情をあおり、勢いのよいことを言って戦争準備へと国民を駆り立てている時に、「あの人は、いざ戦争となったら、真っ先に逃げるよ」と、私のようなものから思われずに済んだであろうに。観桜会で小さな不正や虚偽を行う人が、大義を果たすとは思われないのだ。「信なくんば立たず」なのだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »