UA-92533382-1 国を守る: よつば農場便り

« 戦争の危機 | トップページ | 信なくんば立たず »

2022年5月26日 (木)

国を守る

戦争や「国を守る」という視点に立てば、私たちが同一視するのは、侵略を受けているウクライナではなくて、侵略をしているロシアだ。私たちとロシアとを同一視して、どうやって「戦争」を防ぐかを考えた方が有効ではないかと思う。戦争は、必ず「国家を守る」という口実から始まる。そうだとすれば、私たちはロシアを自身の鏡として、私たちを戦争から守るということを考えた方がよさそうだ。

日本で、ウクライナ侵攻の報道を見ていると、なぜロシア国民はあのようにやすやすと指導者のプロパガンダに乗って、熱狂的に戦争を支持してしまうのかという疑問がわくが、社会や政治の民主主義度、報道の自由度が、ロシアとそう変わらない日本も「戦争」へと国民が熱狂的にやすやすと動員されて行かないという保証は何もない。まして、私たちが支持している政府は、政策に反対する学者などを平気で排斥し、多様性を許さず、自分にとって耳が痛いことを聞こうとはしない政府だ。戦争を抑止するには「民主主義」や「自由」がやはり重要だということが分かる。

次に、日本にいると、なぜロシアの兵士は、不正義の戦争命令に従い、かつ、非人道的な戦争犯罪までも犯すのか、さっさと戦闘をボイコットをしたり、上官の命令を拒否したり、はたまた相手側に投降して、早く戦争をやめればいいのにと思うが、もちろん、そんなことはできないから戦争が継続しているのだ。この点についても、同調圧力が強かったり、上からの命令には逆らえない、個人の倫理よりも集団の論理が圧力となる日本人が戦争に動員されれば、ロシア軍兵士と似たような状況になる。

では、どうすれば戦争を抑止できるのか。私たちは普段から、戦争で投降するのは恥ずかしいことではない、投降した兵士は国際法の下に保護される、ということを知って周知しておくべきだ。そのためにも、普段から、国際法を順守をということを国際社会に向かって訴えておく必要がある。そうすることで、私たち自身が安心して投降し国際法の下で保護され、不正義の戦争に対してはボイコットができるのだ。さらには、私たち自身が戦争犯罪を犯さないためにも、過去の戦争犯罪の歴史を知っておく必要がある。私たちは無謬で、過去に戦争犯罪など犯したことがないと思っていれば、私たちは戦場に動員された時、判断がつかず、非戦闘員の殺害といったような戦争犯罪を犯すことになるかもしれない。たとえ上官の命令であろうとも、戦争犯罪になる行為はできないと、多くの兵士が戦線から投降して離脱すれば、戦争は継続できなくなる。

「民主主義」「自由」「国際法の順守」「戦争犯罪についての知識」これが、わがくにを戦争をから守る有力な手段だ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 戦争の危機 | トップページ | 信なくんば立たず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦争の危機 | トップページ | 信なくんば立たず »