UA-92533382-1 戦争の危機: よつば農場便り

« 『夜と霧』(V.フランクル・池田香代子・新訳) | トップページ | 国を守る »

2022年5月 9日 (月)

戦争の危機

独裁者の頭の中はこうなっているのかもしれない。「ヨーロッパやアメリカは、どんどん東へと防衛圏を拡大していて、我が国の生存は危機にさらされている。我が国の隣国にはヨーロッパやアメリカに後押しされたナチスを翼賛する政権まで誕生した。隣国を敵の影響下から解放し我が国の生存を防衛するためには、攻められる前に先制攻撃を仕掛けなければならない」

こういう独裁者の頭の中ではまたこうも幻影がひらめくかもしれない。「我が国の大事な東の方の領土の主権は、アメリカ、およびアメリカに従属する政府によって脅かされている。我が国の生存権を守るためには、我が国の脅威となる東方の脅威を早めに取り除かなければならない」

日本という国もロシアと親和性が高い。お上の考えには従順に従うという国民性だし、多様な意見や少数意見を重んじるという民主主義度は、先進国のノルウェー、ニュージーランド、台湾よりも下であるし、マスコミの自由報道度も先進国の台湾や韓国よりもずっと下だ。つまりは、典型的な独裁者は出ないにしても、一つの考えが世間の意見となれば、誰もそれにおかしいと異議を唱えたり、そういう意見を詳しく検討してみようという下地は少ないのだ。

こういう中で、妄想に囚われた指導者が「隣国のCが我が国の主権を脅かそうと画策している。隣国のRは、我が国を攻撃しようと準備をしている。生存権を守るためには先制攻撃しかない」となった時に、ロシア国民のように、日本人は政府やマスコミのプロパガンダを信じて、戦争に協力し始めるのではないか。いくら世界のほかの国の人から見れば、世界は違って見えるとしても、そしてそのことを我々に語ってくれたとしても、日本人には、日本人の世界の見え方しかできず、どうして世界のほかの国の人たちはこうも頭がおかしいのだろうとなる。

戦争を煽るだけ煽った人たちは、いざ戦争が始まれば先頭に立つことはないだろう。満州の歴史、水俣の歴史、フクシマの歴史を見れば、「国民を守る」というのは彼らにとって第一義でないことは明らかだ。観桜会の収支報告で嘘をつくような人が、いざ危機に立った時に、先頭に立って国民を守るに信があるとは思えない。歴史上、「国家主義」が長い間続いてきたが、「国家主義」の終焉が始まりはじめた。国家によらない、人間の安全保障を模索し始める時代が来ている。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 『夜と霧』(V.フランクル・池田香代子・新訳) | トップページ | 国を守る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『夜と霧』(V.フランクル・池田香代子・新訳) | トップページ | 国を守る »