UA-92533382-1 ロシア虐殺報道: よつば農場便り

« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス『トスカ』 | トップページ | 「ひまわり」 »

2022年4月 5日 (火)

ロシア虐殺報道

ロシアが、ウクライナ・キーウ州から撤退した後、市民の虐殺遺体が発見され、「ジェノサイド」「戦争犯罪」という批判が西側諸国から起こっている。日本の民間テレビ局のニュース報道番組を見たが、西側諸国のロシア避難の尻馬に乗ってロシアへの憎悪をあおるだけで、テレビでしか情報を得ない世代の人々に与える大きな影響を思うと気持ちは暗くなる。

ロシアは、ロシア軍が犯したとされる市民虐殺の戦争犯罪をフェイクニュースだと否定している。それを日本の民間テレビニュースが「見え透いた嘘」と煽り立てる。戦争犯罪は犯した方の国は、「ありえない」と必ず否定する。それは、どこの国の政府もそうだし、100年前の戦争でもそうだ。現・日本政府もそうだ。だから、大事なのは、戦争犯罪が客観的に行われたという証拠を、当事者全員が納得する形で集め、その証拠に基づいて犯罪が裁かれ、犯罪の罪に服し、犠牲者の被った被害を回復する手立てを見出すことだ。「ロシア憎し」の憎悪を煽り立てたって、戦争犯罪の犠牲者が浮かばれるわけでもないし、今後起こるであろう戦争による残虐行為も抑制できない。

さらには、ロシア軍のロシア兵だけが特別に悪人で、彼らを罵ればそれで事が済むというわけでもない。徴兵された普通の人がなぜ残虐行為を働いてしまうのか、そこを解明しないと戦争犯罪はなくならない。旧日本軍の招集されて軍隊に入った普通の人たちも残虐行為を行った。どういう心理でそうなるのか、戦争というものがどう人を変えてしまうのか、そこを解明してこそ、本当に「戦争」を根絶できる。

https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=10696905 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス『トスカ』 | トップページ | 「ひまわり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国ロイヤル・オペラ・ハウス『トスカ』 | トップページ | 「ひまわり」 »