UA-92533382-1 ドボルザーク作曲・歌劇『ルサルカ』: よつば農場便り

« 石原慎太郎さん | トップページ | 「ウエスト・サイド・ストーリー」 »

2022年2月20日 (日)

ドボルザーク作曲・歌劇『ルサルカ』

ドボルザークが作曲した歌劇『ルサルカ』は、民話をもとにしている。狩りに来た王子に憧れた水の精が、人間になって王子と愛を結びたいと願う話だ。歌劇は、ドボルザークの優しい音楽に包まれた傑作だ。

 

水の精は人間の娘になるため、魔法使いのおばあさんに頼むが、その際に代償としなければならないものは「声」だ。「声」を失って人間になった娘だが、人間社会の移ろいやすさ、人間の気まぐれな情熱により、普遍の愛が得られなかった娘は、水の精に戻ることもできず、人間の世にもとどまることもできず彷徨し続けるという悲劇だ。

 

私がここで注目したのは、何かを得るために何かを失うという、民話やおとぎ話にある共通のパターンだ。アンデルセンが書いた「人魚姫」は創作童話であるが、「人魚姫」も、声という代償を払って人間の姿になる。

 

こんなことを考えたのは今ちょうどユングの『変容の象徴』を読んでいた途中で思い至るところがあったからだ。ユングによると、現代に生きている私たちの心の奥底にも、DNAにより古代からの人類の系統発生の痕跡が伝えられているように、古い時代からの人々の経験や思いが繋がってきているというのだ。ユングはそれを「元型」と呼んだり「イマーゴ」と呼んだりした。たとえ現代の文学作品だとしても、そういう「元型」に触れ、人々に「元型」を呼び覚ますような作品が、人々に言い知れぬ感動だったり、おそれや恐怖を引き起こす、そう、人々の集合的無意識へと働きかける傑作なのだ。

 

人々の集合的無意識は、民族に関係なく、さらに人類全体に広がっていると思う。昔、昔の人々が畏れたり、喜んだりしたこと、そういう根源に触れることが出来たり、呼び醒まされたりするのは、民話だったりする。それを題材にしたのが、ドボルザーク作曲・歌劇『ルサルカ』だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

|

« 石原慎太郎さん | トップページ | 「ウエスト・サイド・ストーリー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石原慎太郎さん | トップページ | 「ウエスト・サイド・ストーリー」 »