UA-92533382-1 「事実」と「意見」: よつば農場便り

« 「おじさん」的なるものの考察 | トップページ | 素晴らしき哉、人生 »

2021年12月25日 (土)

「事実」と「意見」

読解力を測るテストの中で「事実」と「意見」を分けて判断させるものが登場してきている。大学受験で課される「共通テスト」にも、そのような問題が出題される。

このようなことが問われるようになった背景には、「先進国」での文章読解の基準に「事実」と「意見」を、文章を読んだらそれを読み分けることができることというのが加わり、日本でも「世界標準」に合わせるために導入されたのだと思うのだが、しかし、こういう読解力そのものは、民主主義を根本から支える市民が持つべき力として重要なことだと私は思うので、「事実」と「意見」を読み分けられる力を持った市民が増えていくことは良いことだと思う。

だが、この「事実」と「意見」の読み分けは、実際生徒は苦手だ。将来の民主的な市民社会のことを考えると不安になってしまうが、実は「事実」と「意見」の判別はそう簡単なことではない。

例えば、 ①私は、安倍首相の安全保障政策は好きじゃない。 という文章があれば、これは、「安全保障政策」という賛否両論がありそうなトピックについて「私」の反対意見を表明したこの人の「考え=意見」と考えられる。

②私は、安倍首相が好きじゃない。 という文章は、「意見」とも考えられるが、「私」という人間についていえば、この人が嘘をついていないのであれば、私に関する「事実」とも思える。

さらに、 ③私は、ブロッコリーが好きじゃない。 という文章になれば、これは私の食べ物に関する好き嫌いを表した「事実」ととらえることがより許容できるようになるだろう。だが、②と③の違いは何だろうか、そして①と③の違いは。微妙ではないか。

また、読解試験では、次のような文章は「事実」の方へ解答としては分類される。

「調査によれば、国民の80パーセントは、原子力発電所の再稼働に賛成している」 しかし、これが、「国民」と言っても自民党支持者や安倍首相の支持者だけを調査した結果であればどうだろうか。このように「事実」は「事実」でなくなることもあるのだから、そもそも「事実」と言えるものとは何なのか、ということも大変悩ましいことだ。

このような根本的な議論はあまり行われないままに、「共通テスト」のような読解力テストが行われている。生徒たちが混乱するのも無理はない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

|

« 「おじさん」的なるものの考察 | トップページ | 素晴らしき哉、人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「おじさん」的なるものの考察 | トップページ | 素晴らしき哉、人生 »