UA-92533382-1 よつば農場便り: 2021年10月

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月25日 (月)

トーベ・ヤンソンの半生記

トーベ・ヤンソンというよりも「ムーミン」の作者、という方が圧倒的に多くの人が理解できるだろう。私自身も「ムーミン」の作者だからこの映画を見たいと思った。

子ども時代にアニメで見た「ムーミン」。なんだか不思議な話だったけど、でも子供の時は全く不思議に思わず、そういう幻想が幻想と思えず、ムーミン谷の登場人物全員が身近に感じられて大好きなお話だった。当然、その作者がフィンランドの女性だなんてことは全く分からず、ずっとずっと後になって知識として知ったのだった。

トーベ・ヤンソンの父と母も芸術家だった。特に父とトーベの関係が微妙で複雑でねじれていて、トーベは、イラストや漫画は「芸術」でないと卑下していて、画家という芸術家になりたいと葛藤している。

ムーミン谷の登場人物のイラストを発見して世に出るきっかけを作ったのは、ヴィヴィカという女性だ。(イラストは、あの日本のアニメで描かれていたようなほのぼのとしたものでなく、もっと、魔的で線が細くて何とも言えず引き込まれるような魅惑的なものだ)そして、ヴィヴィカとトーベはやがて恋仲になるが、ヴィヴィカに翻弄されてトーベは苦悩する。

それにしても、こういうことが起こったのが、第二次世界大戦後すぐの時代だということだ。日本でも、敗戦により軍国主義・ファシズムの呪縛から解放されて民主主義が息を吹き返していたが、フィンランドとは民主主義や自由の歴史や積み重ねの重みが違うのだろうか。トーベが最初に恋したのは男性だが、既婚男性だ。そして彼に妻と別れさせて結婚するのだが、その彼に、トーベは女と寝たと告白し、彼女のことが忘れられないという。当然、彼は苦しむが、こんなふうに、皆が個人の意思や自由を尊重し、誰も慣習だからというような理由でこういうことを拒否したりしない。トーベの周りがそういう芸術家の集団だから許されたことなのだろうか、それとも、フィンランドという民主主義が根付く国だからそうであったのか。

映画には、政治的な背景もちょっと描かれる。第二次世界大戦からその戦後にかけて、フィンランドはドイツとソビエトという野蛮で強権的な国家から圧迫を受ける。その中で、苦しみながら独立を維持していく様子が、ほんのちょっとした演出で語られている。同じく、野蛮で強権的な国々に囲まれている日本が、大国にべったりと従属している姿とは対照的だと感じた。

自由と立憲民主主義と共産主義との取り合わせはおかしいものではない。むしろ自由と民主主義と宗教の取り合わせの方がおかしい。自派の勢力拡大だけを願いどのような権謀術数でも行使する宗教は、自由と民主主義をむしばんでいると思うのだが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

大崎住民訴訟を応援する

福島核発電所の事故により、大量の放射性物質が、東北の大切な大地にばらまかれました。私たちの大切な山河、農地、農作物が汚染されました。事故から10年が立ちましたが、被害はまだ続いています。私たちはまだ傷ついています。

事故は大したものでない、あったとしても放射性物質は微量であり、自然なものと変わらないとする、核発電を推進する政府に押されて、東北の自治体では、事故当時、放射性物質が降り注いだ稲わらなどを、一般のごみと一緒に焼却処分を進めようといます。

宮城県の大崎地区、ここは宮城でも有数の農業地帯でもありますが、ここ大崎地区でも、焼却処分が進められていて、試験焼却で出た煤煙により、地区に降りそそぐ放射線量が高まったことを、地元の方々の測定が明らかにしました。

本格的な焼却を差し止めるよう、地元の方々が訴訟を起こし、今係争中です。放射性物質を含んだものを焼却すれば、放射性物質は余計に濃縮され危険なのです。その危険さを証明するために、焼却場の煙突に測定装置を取り付けなければならないですが、何と日本の裁判では、それを取り付けるのは、住民側の責務なのです。

いくらでも金のある政府や電力会社ではなく、平穏で安全な生活を望む住民側なのです。

大崎住民訴訟の会では、測定装置を購入し取り付ける費用が必要で、応援を求めています。私も微力ながら応援いたしました。

事故は大したことでではないし、放射性物質は安全、だから、また核発電所をどんどん動かしましょうという政府や特定政党の方針がこのまままかり通ってしまえば、第2、第3のフクシマは繰り返されます。安心な未来を選択するためにも、大崎住民訴訟を応援してくださるようお願いいたします。

【口座名義】大崎住民訴訟を支援する会 ゆうちょ銀行 記号 18130 番号 37576641

Photo_20211019113901 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »