UA-92533382-1 よつば農場便り: 2021年2月

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月23日 (火)

天罰・油断・慢心

天は無心なので、人に天罰など下さないと思う。事故や不祥事が起こるのは、人の方に油断や慢心があるからだ。

それを思わせたのは、1週間前の震度6強の揺れを感じた福島県沖で起きた地震だ。

私が、その時に思ったのは、「油断していた」。

宮城県に住んでいて、10年前の大地震を経験していて、大自然災害は想定を超えてくると分かっていても、その後安閑と暮らし日々の生活に慣れた私には「不意を突かれた」という感が否めなかった。10年前の揺れとはまた違った揺れで、以前あまり倒れなかった家の中が、今度は倒れて物がめちゃくちゃになった。

人間というのは慢心するのだ。だから天が罰するように見えるのだ。

核発電所は、日本人の優れた技術力でどんなことがあっても壊れないし、事故など起こさない、たとえ起きたとしてもごくごく軽微なものだというのも、人間の慢心と油断だろう。

福島の核発電所は、果たして今回の地震で大丈夫なのだろうか。人間の技術はあの地震を回避して壊れた発電所を安全に保つことができているのだろうか。慢心した人間の目を逃れて、見えないところにひび割れができて、窯から水が漏れだしているのではないだろうか。それを知っていながら、想定外だから報告しませんでしたと、管理者は高をくくっていないのだろうか。

宮城の女川核発電は、この10年の間に補修工事をして、もうどんな地震にも大丈夫と油断や慢心はしていないのだろうか。「自動車事故があったからと言って、自動車に乗らない人はいない。核事故があったからと言って、核発電を止めるわけにもいかない」という、宮城県民を代表する責任者に慢心はないのだろうか。「国が作った避難計画なので、万が一の事故の時は絶対安全」という、宮城県民を代表する責任者に油断はないのだろうか。

慢心や油断は罰せられる。人間の痛いところを必ず突かれる。

虚偽を言い立てスポーツ大会を誘致し、自分に連なる人たちだけに利益を与え、大衆に熱狂心理をもたらし、自派の政治勢力を維持拡大しようとする、無私からほど遠いそんな企みには、おのずから慢心や油断が生じる。偶然にも天が疫病の蔓延でそれを罰したように見えても、それは偶然起こったことではないだろう。彼らの油断や慢心がそれを生んだのだ。運動選手たちも、スポーツ大会は、自分たちのためのものではないと、うすうす感じ始めている。

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村 follow us in feedly

| | コメント (0)

2021年2月18日 (木)

読捨新聞社説『森氏の会長辞任は不適切』

(空想上の新聞社の社説ですので、ご注意ください)

 

森氏の女性蔑視発言を、いわゆる「世論」が批判して、森氏はオリンピック実行委員会の会長を辞任することとなった。このような事態が起こったことは遺憾だ。「正義」の暴論が猛威を振るう風潮を、私たちは気を付けなければならない。森氏は辞任する必要はない。

 

まず第一に、森氏の発言が「差別」という指弾であるが、森氏のような「差別主義者」を「差別」することは許されない。五輪の理念は、多様性を認め、あらゆる差別を許さない、ということであるから、「差別主義者を差別する」ことも、五輪の理念に違反するのである。これでいかに「正義を標榜する」いわゆるリベラルな思想の持ち主たちが差別主義的であることかがよくわかる。

 

次に、世論との乖離だ。読捨新聞社の独自の世論調査によると、森氏の発言を支持すると答えた人に、森氏は会長を続けるべきかと尋ねたところ、98パーセントの人が「続けるべき」と答えている。その他、「わからない」と答えた回答者を、「森氏を支持する」に参入した独自の世論調査でも、森を支持する人の割合は際立っている。しかし、それがあたかも、森氏が辞めるべきだとの世論が強まっているとした根拠浮薄な暴論で、森氏を辞任に追い込むのは、あまりに世論に乖離したやり方としか言いようがない。菅総理様が常々述べているように「専門家の意見を聞いて科学的に」事は運ぶべきである。社会科学者の開発した世論調査や統計処理の仕方を無視して、あいまいな「世論」を背景にするのは、民主主義の自壊ともいえる。

 

よって、読捨新聞社は、森氏の会長続投を強く主張するものである。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

『オリエントからの小鳥』(ハキーム著)・河出書房新社

現代アラブ小説全集からエジプト人作家ハキームの『オリエントからの小鳥』を読む。

この小説は、作者の実体験であるパリへの留学が色濃く反映されている。時代は、第1次世界大戦と第二次世界大戦の間にあたる時期だが、やがて欧州の平和が乱される、その暗雲が立ち込めようとする1940年代に近づいていく頃だ。

オリエントからの小鳥、というのは作者の投影である小説の主人公モホセンが、パリの友人から呼ばれているあだ名だ。小鳥というかわいらしい愛称とは裏腹に、主人公のモホセンは、鈍重でしばしば思考にふける。しかし、そんなモホセンのパリでの実を結ばなかったつかの間の恋愛が描かれていたりする。

小説の主題は、やはり、ヨーロッパに対峙するオリエント、すなわち東洋の苦悩だ。しかし、1930年代の時代背景であると、ヨーロッパ人の間でも「西欧の没落」の予感は感じられていた。象徴的なのは、亡命ロシア人のイワンだ。彼はキリスト教にもマルキシズムにも絶望して、オリエントに回帰することを唯一の望みとして語る。しかし、モホセンは、ヨーロッパという娘に気前よく財産を渡してやったオリエントは、既に汚染されていて清らかなところは何も残ってないのだと告げる。これでイワンの絶望は極まる。

清澄なオリエントはもうない。それはヨーロッパのせいでもあるし、オリエント自身のせいでもある。アラブ人作家の苦悩は、私たち日本人の苦悩でもあると感じた。無反省に「東洋」を失っていく日本にこれでいいのかと再考を促す。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

寓話

「寓話」にも、本当に意味があるのだと改めて思っている。「寓話」には、人間の智慧が込められている。

 

「寓話」とは、例えばこんなものだ。

 

ある欲深の男が、神様にお願いをして、神様も願いを1つかなえてやろうという。そこで男は、私が触れるものは何でも黄金にしてくださいと頼む。これで金持ちになれると思ってのことだ。神は、後悔しないなと念を押したうえで、男がなお願うので、その願いをかなえてやった。願いがかなった男は、得意になってあらゆるものを黄金に変えていったが、やがて、彼が触れる食べ物も黄金に代わってしまうので、食べることができなくなってしまった。挙句の果てには、彼の愛する家人も、彼に触れると、黄金に変わってしまい、彼は深い嘆きと悲しみの中で孤独に死んでいった。

 

この話の寓意は何だろう。人間の欲深さか?愚かさか?

 

現代の寓話はこうだ。

 

説得術や弁論術など「言葉」が重んじられる「政治」という世界のなかで、あらゆる相手を打ち負かす究極の強い言葉を手に入れたいと願った男が手に入れた「言葉」は、相手の言葉の魂を奪う「それは当たらない」とか「質問は承った」という、言葉に見せかけただけの木を鼻でくくる戦術だった。これで、当初は、どのような問いかけも粉砕し、政治の世界では最強の勝者として君臨することになったが、実は、彼自身の言葉の魂をも殺す強い毒薬だったのだ。やがて、本当の言葉で語り掛けねばならない危機的な状況がやってきたとき、いざ、彼が、「言葉」でもって語り掛けようとすると、言葉は彼の口からはついに出てこなかった。言葉はやせ細り、死んでしまっていたのだ。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »