UA-92533382-1 ムソルグスキー作曲・歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』(1954年映画版 ネボルシン&ボリショイ劇場管弦楽団): よつば農場便り

« 2.5流の人間の幸せを考える | トップページ | 寓話 »

2021年1月25日 (月)

ムソルグスキー作曲・歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』(1954年映画版 ネボルシン&ボリショイ劇場管弦楽団)

ムソルグスキーの音楽と、そして映像表現と、さらには劇作のすばらしさが味わえる総合芸術だ。

 

ムソルグスキーは劇の台本には苦労したそうだ。劇場から上演拒否されたのを受けて、台本を書き直して上演されるように持って行った。その結果、劇に深みと幅が出てすばらしくなったと私は思う。

 

ボリス・ゴドノフは実在のロシアの皇帝で、皇室の跡継ぎの子どもを殺して帝位を簒奪した男。彼は、殺した子供の幻に苦しめられ追い詰められていく。そのシェークスピア劇のような闇の深さを、この映画版ではとてもうまく表現している。

 

シェークスピア劇のなぞりにとどまらずに、ロシアらしい作品になっていると思ったのは、2点。

 

1つは、「民衆」の登場。「民衆」が劇中でたくさん登場してくるし、役割所が大きい。民衆の合唱もロシアの大地らしくよい。この劇を見ていると、皇帝専制政治でも、常に「民衆」の意向を気にしていなければならないということ。「政治」が人間の営みである限り、どんなに独裁的、専制的に見える政治であろうとも、他の人間の思い・思惑を無視できる政治などこの世に(歴史的にも)ないのだということ。現在のロシアのツァーリ、プーチン氏もすっかり裸の皇帝だということがよくわかる。ロシアは常に民衆の国なのだ。そして、常に民衆が苦難を味わってきた国だ。民衆の悲哀がとてもよく表現されていて胸を打つ。

 

もう一つは「白痴」(fool)の役割。彼の言は常に許される。たとえ、権力者に不遜なことを言ったとしても。「白痴」(fool)ゆえに、常人には持つことのできない、未来への予言能力が備わっているということ。彼の純粋さと悲しみにも心動かされる。

 

シェークスピアとドストエフスキーが合わさったすばらしい作劇。そして、国民学派と呼ばれたムソルグスキーのロシアに根差した音楽。これを堪能できるのは、歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』(1954年映画版)だ。

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

|

« 2.5流の人間の幸せを考える | トップページ | 寓話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2.5流の人間の幸せを考える | トップページ | 寓話 »