UA-92533382-1 核発電に脅かされず暮らす権利: よつば農場便り

« 外からの目 | トップページ | 貧困な言葉のつけが来た »

2020年12月31日 (木)

核発電に脅かされず暮らす権利

今年、一番残念だったことは、宮城県の村井知事と宮城県議会とが、女川核発電所再稼働に同意を与えてしまったことだ。県民の願いは、もっと違ったところにあるはずだが、現在の議会制民主主義制度のもとでは、県民の思いとは別に、自民党の勢力は強いのだから、自民党の政策が粛々と実現されていく。民意が反映されないと言って、制度の欠陥を嘆いても、しかたがない。民意を実現する方の政治勢力は確かに劣勢で、自民党の強い政治力に対抗するほどには全く育っていないからだ。

 

村井知事はこのように発言したと、報道されている。
「核発電所の再稼働は必要だ。核発電がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。技術革新をして人類は発展してきた。フクシマの事故を教訓として、さらに高みを目指す」

 

車の事故や飛行機の事故と核発電所を比較するのは、核推進派が用いる論法の常套手段だ。車の事故や飛行機の事故が起きないように、そして事故による不幸な人が増えないように、事故の原因を究明し、事故防止策を必死に考えてきた。核発電事故は、まだ原因も究明されてもいないし、事故を収束できるかも判明していない。それなのに、もう、次の事故の可能性ある施設を早々に再開するのだろうか。

 

そもそも、核発電を続けるためには、(そして今まで続けてきたことは)データのごまかしだったり、一部の人に被ばくを押し付けたり、過疎地の人だけに被害を押し付けたりと、人倫に関する不正義や社会に対する不正の上でしか成り立たない。これを車や飛行機の事例と一緒にすることなどはできないはずだ。

 

300年前には、人が何の制限もなく、自分の考えを述べたり、一般人が政治に関して投票権を持ったり、女性が男性と同じ権利を有するなどとは考えられもしなかった。しかし、人々の努力によって、そのような権利は、今日、当然のものとみなされて、誰も不思議に思うものはない。核発電に脅かされず暮らす権利も、これからの努力によって、5年、10年後には、そしてもっとのちの時代には、誰も当然に思って疑わない、基本的な人間の権利になる。

 

核発電所がなくなることが、一番、安心して、幸せになれることだ。核発電がある限り、常に私たちの生活は脅かされ、平穏は訪れない。

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

|

« 外からの目 | トップページ | 貧困な言葉のつけが来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外からの目 | トップページ | 貧困な言葉のつけが来た »