UA-92533382-1 女川原発再稼働承認: よつば農場便り

« 宮城県美術館移転問題 | トップページ | 外からの目 »

2020年11月23日 (月)

女川原発再稼働承認

宮城県美術館移転問題では、村井知事の自論と自政策の勇気ある撤回を称賛したいが、女川原発再稼働承認に関しては、民主的プロセスを装ってはいるものの、その偽りの民主主義を批判したいと思う。

 

民主主義が県民の多数決というのであれば、宮城県民の民意は、女川原発再稼働に反対が、民意だ。しかし、県民多数の願いも、県議会では、自民党と公明党が多数のため、再稼働が承認されてしまった。県民投票で再稼働の意思を表明しようという住民投票の請願は、自民党と公明党により、趣旨説明も行わせてもらえず、否決されてしまった。

 

では、女川原発の事故が起きた時、民意を無視して、再稼働に合意した議員さんたち、村井知事、石巻市長、女川町長が、何か責任をとり、例えば罰せられるとか損害賠償の責を負うかと言えば、決してそうではない。核発電については、法律上、責任を負う人はおらず、現在の日本の法律では罰することはできない。人倫上・人道上・天道上の罪を負うばかりで、現に、福島核発電所事故では、安倍元首相、東京電力の経営責任者をはじめ、誰一人責任を認め、負った人はいない。

 

県民の多数の意思を、議会の議員構成に反映できず、自民党・公明党議員ばかりが多く当選させてしまうのは、私たちの民主主義が弱いからだ。そういう意味では、事故があれば一番多く、痛みを負わなければいけない、私たちそのものも、責を負わなければいけない。ただし、民主主義といえば、政治上だけのものではなく、購買民主主義というのもある。この民主主義は、1票の差は無限に不平等で、お金持ちと貧乏人の1票の格差はとてつもなく大きいが、それでも「民主主義」の名の通り、数が集まればそれなりの効果はある。

 

自分たちだけの利権にこだわる、東北電力の電気を購買したくなければ、他の会社からも購買することができる。この購買権を「清き1票」だと考えれば、多く「票」を集めたものが、民の代表で力を持つ。我が家では、東北電力に「投票」することをやめて、「パルシステム電力」に投票している。再生可能エネルギーで作った電気を中心に販売している会社だ。購買民主主義には、まだ、公職選挙法は適用されておらず、そこで、多くの人に「パルシステム電力」への「投票」を私は呼び掛けたいと思う。東北電力や東京電力など、政府と利権が一致し、少数の者のためだけの電力会社から、多くの人のための電力会社へ投票先を変えるのはとても簡単だ。パルシステム電気のこのホームページを見てください。

 

|

« 宮城県美術館移転問題 | トップページ | 外からの目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮城県美術館移転問題 | トップページ | 外からの目 »