UA-92533382-1 よつば農場便り: 2020年11月

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月23日 (月)

女川原発再稼働承認

宮城県美術館移転問題では、村井知事の自論と自政策の勇気ある撤回を称賛したいが、女川原発再稼働承認に関しては、民主的プロセスを装ってはいるものの、その偽りの民主主義を批判したいと思う。

 

民主主義が県民の多数決というのであれば、宮城県民の民意は、女川原発再稼働に反対が、民意だ。しかし、県民多数の願いも、県議会では、自民党と公明党が多数のため、再稼働が承認されてしまった。県民投票で再稼働の意思を表明しようという住民投票の請願は、自民党と公明党により、趣旨説明も行わせてもらえず、否決されてしまった。

 

では、女川原発の事故が起きた時、民意を無視して、再稼働に合意した議員さんたち、村井知事、石巻市長、女川町長が、何か責任をとり、例えば罰せられるとか損害賠償の責を負うかと言えば、決してそうではない。核発電については、法律上、責任を負う人はおらず、現在の日本の法律では罰することはできない。人倫上・人道上・天道上の罪を負うばかりで、現に、福島核発電所事故では、安倍元首相、東京電力の経営責任者をはじめ、誰一人責任を認め、負った人はいない。

 

県民の多数の意思を、議会の議員構成に反映できず、自民党・公明党議員ばかりが多く当選させてしまうのは、私たちの民主主義が弱いからだ。そういう意味では、事故があれば一番多く、痛みを負わなければいけない、私たちそのものも、責を負わなければいけない。ただし、民主主義といえば、政治上だけのものではなく、購買民主主義というのもある。この民主主義は、1票の差は無限に不平等で、お金持ちと貧乏人の1票の格差はとてつもなく大きいが、それでも「民主主義」の名の通り、数が集まればそれなりの効果はある。

 

自分たちだけの利権にこだわる、東北電力の電気を購買したくなければ、他の会社からも購買することができる。この購買権を「清き1票」だと考えれば、多く「票」を集めたものが、民の代表で力を持つ。我が家では、東北電力に「投票」することをやめて、「パルシステム電力」に投票している。再生可能エネルギーで作った電気を中心に販売している会社だ。購買民主主義には、まだ、公職選挙法は適用されておらず、そこで、多くの人に「パルシステム電力」への「投票」を私は呼び掛けたいと思う。東北電力や東京電力など、政府と利権が一致し、少数の者のためだけの電力会社から、多くの人のための電力会社へ投票先を変えるのはとても簡単だ。パルシステム電気のこのホームページを見てください。

 

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

宮城県美術館移転問題

村井知事が提起した「宮城県美術館」の移転問題は、村井知事が提案を引っ込めるという形で、現地での存続ということとなった。村井知事としては、施設をまとめて敷地を有効活用するという狙いや、建設費が国から引き出せるというタイミングを見計らっての提案だったと思うが、この提案により、思ってみなかったほどの広範な反対運動や意見が出た。

 

村井知事の提案は、このような提案は反論を掻き立てるという面で、有益だったと私は思う。もしこの村井知事の提案がなかったとしたら、多くの県民は県立美術館の美術的価値や、建築物としての価値を知ることなく、見向きもせずに終わっていただろう。そして、取り壊された後になって、それがいかに重要なものであったかに気づくということになっっていたと思う。

 

村井知事の提案に対して、多くの人が反対し、いかに現在の美術館がそこにあるということが価値ある事かということを、こんこんと訴えた。こういう議論があって、私たちもその価値にあらためて気づくことができたわけだ。初めから「決まったことには口を出させない」「決めたことに対して説明は不要」という非民主主義的な態度を取らず、事を進めたことがよかったのではないかと、私は思う。

 

民主的に物事を進めてもらいたいことは、他にもあるのだが、民主的に物事がすべて運ばれているというわけではないことももちろんある。それは、また別の機会に。

 

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

アメリカ副大統領カマラ・ハリス氏の演説

政治の役割のひとつには、理想の行き先を示しそこに人々の努力を向けさせることだ。もちろん、現実の問題に向き合い処理し、現実の利害を調整するという政治スタイルもあるが、政治から「理想」を取り除くことができないだろう。「理想」が、今、実現できていないからと言って、その「理想」をも否定することもできない。

 

アメリカ副大統領カマラ・ハリス氏の演説も、(アメリカ国民にのみ語ったものとは言え)、人を鼓舞する言葉の力があった。アメリカは、もちろん「理想」などが実現されている「約束の土地」でもなんでもなく、世界の中では他国に抑圧的にふるまう国であるが、それでも「言霊」の力をまだ持っている国だと思った。政治の言葉が異常に痩せ細り、「言霊」が死に絶えようとしているところでは、彼女の演説の中にある言葉の力強さに学ぶものがあると思う。

 

彼女の演説からの要点
・「民主主義というのは、当然として保障されているものではなく、自分たちが獲得しなければならないもの。そこには犠牲も伴うが喜びもある。」

 

・「国民がより良き未来を作る力を持っていて、特に女性は、民主主義の重要な利害関係者」

 

・「私は、初めての女性副大統領だが最後ではない。あとに続く女性たちがいる」

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

原子力妄想大綱

核発電に関する国家の機密事項ですので、拡散なきようお願いします。

 

1.事故時の地域住民の避難


そもそも事故は起こらないので避難は必要ない。万が一起きた場合は、逃さないようにすること。逃げると、「事故が起きた」もしくは「事故は大きい」という間違った印象を国民に与えかねない。一番よいのは核発電施設内に収容すること。このようにすれば、のちほど電力会社の地元住民への貢献の美談として利用できる。ただし、政府関係者及び、電力関係者にはいち早く通報し、迅速な非難を促すこと。

 

2.核廃棄物の処理


容器に入れて核発電施設の駐車場にでも置いて、空気で冷やしておけば安全である。

 

付録:想定問答集


現在、青森県に置かれている核廃棄物は、必ず県外に運び出すとの青森県との約束はどうなるか?

 

「必ず県外に持ち出す」との答弁は、「10万年は、県内に保管する」との答弁と矛盾しない。理由を聞かれても、「個々の事例については理由は答えられない」と何度も繰り返すこと。

 

「どうして各施設が集中する青森ばかりが負担しなければならないのか」と質問されたらどうするのか?

 

「多様性が必要と判断した」と答弁し、その後は、「個々の事例については理由は答えられない」と何度も繰り返すこと。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »