UA-92533382-1 一度うそをついたら: よつば農場便り

« あたらないは、あたらない | トップページ | 原子力妄想大綱 »

2020年10月30日 (金)

一度うそをついたら

一度うそをついたら、その嘘につじつまを合わせるために次々とうそにうそを重ねていかなければならなくなる。これは、だれしも経験があることだろう。嘘を重ねていけば、どこかでつじつまがあわなくなり、そうなっては、それを指摘した人に爆発して暴力をふるうとか、嘘でどうして悪いと開き直るしかなくなる。

 

一番いいのは、これも多くの人が経験から知っていることだが、最初にさかのぼって「嘘でした」と認めて正直になることだ。

 

菅さんが、日本学術会議の特定のメンバーを任命しなかったことを、「多様性を考慮して」と強弁しているが、「多様性」を考慮するのであれば、あえて、政府や自民党の考えとは違う人を迎え入れることの方が多様性が確保されると思う。誰にでもわかるこういう嘘をつくから、「やはり、自分の考えと相いれない人を切るためだったのだ」と余計な忖度もされる。

 

個人のどうでもよいウソなら、実害も少ないが、地位ある人のウソとなると、その嘘のつじつまをわせるために、多くの無辜の人が奔走することになる。その奔走や忖度がもたらした不幸せを何ら反省も、責任も、前任者は取っていないし、また菅さんもそれを継承しようとする。

 

ああ、それに「国語」や「読解力」の危機だ。「学術会議の会員の任命権は形式的だ」という文と、「推薦通りに任命する義務はない」という文は、同意なのだろうか。私たちは、子供に教育を施していて、文章を読む力や文章の内容から考える力を養おうとしている。1つの文章が意味することや含意すること、そこから正しく推測できることというのは、この世界の正しい論理構造を支えて、人がこの世界で生きていく上の大事な基盤を作っているが、この全く同意も含意もない2つの文章が同じであるというのであれば、私たちはまるで、アリスの体験した「不思議な世界」で生きているようなものだ。時間が一方向に流れ、地球の重心に向かって重力が働いているというような基本的な物理環境と同じように、思考や論理の世界は普遍的なものだと思うが、いかにもかけ離れた2つの文が「同値」だというのは、詭弁で、この世界を捻じ曲げるものでもある。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« あたらないは、あたらない | トップページ | 原子力妄想大綱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あたらないは、あたらない | トップページ | 原子力妄想大綱 »