UA-92533382-1 アベ政治を許さない: よつば農場便り

« 記録と文明の崩壊 | トップページ | 菅首相就任・原発再稼働 »

2020年8月29日 (土)

アベ政治を許さない

安倍首相の体調が悪くなったことは気の毒だ。同情申し上げるし、体調の回復をお祈り申し上げたいと思う。

 

油断はできないが、安倍さんの念願の憲法改変も一時遠ざかったと思う。時機の悪さに安倍さんは歯噛みをして悔しがっているかもしれないが、運・不運はいずれにもあり、むしろ、安倍さんや自民党政権が仕掛けておいた核発電所の事故が、ちょうど民主党政権時代に重なり、「最悪の政権だ」と批判の根拠にできたことは、安倍さんの運の強さを物語っているのかもしれない。

 

安倍さんの健康状態とは別のこととして、民主政治を無視した手法は厳しく糾弾されなければならないし、格差や差別を助長して社会に分断をもたらし、その分断による悪気に乗り政権の人気を浮上させた手法や、弱者や被害者に目を向けない原子力政策を含め、批判すべきだと思うこと、私にはたくさんある。

 

民主的なプロセスである、決定事項の証拠である公文書を速やかに破棄したり、法令にのっとらない、憲法を順守しない姿勢は、この国の民主主義を大きく後退させ、破壊したものとして、厳しく糾弾されるべきだ。法令に乗っ取らないとなると、首相を批判しただけで「不敬罪」だとか、そんな荒唐無稽と思える、恣意的な施策が実現可能になるし、そうなれば、自由で民主的な社会は崩壊する。

 

ヒットラーの演説にかの国の国民は熱狂し、軍国日本の勇ましい虚報にかつて国民は熱狂した。安倍さんは、意味のない虚しいことを何度も繰り返し、批判に対しては「当たらない」と退け論理的な討論を拒み、自分の主張を言い募るだけだった。「言霊」の存在しない虚しい言に、多くの国民は熱狂的に・好意的に応えた。安倍さんにこれだけ多くの国民が応えていることが心配だ。今の日本社会が、やはり同じくらい内に空虚を抱えているのではないだろうか。その表れとしての安倍政権の長期の人気だったのではないだろうか。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 記録と文明の崩壊 | トップページ | 菅首相就任・原発再稼働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記録と文明の崩壊 | トップページ | 菅首相就任・原発再稼働 »