UA-92533382-1 国家保安法: よつば農場便り

« オリンピックを考える | トップページ | Japanese lives matter »

2020年7月 2日 (木)

国家保安法

香港で「独立」の旗を所持していただけで、逮捕されたというニュースを聞くと、胸騒ぎがする。中国のやり方を、ひそかに効率的で有効であると称賛している為政者も多いのだろうから、「彼から学べ」という指示も広がりかねない。

「政治哲学」的に考えてみると、「独裁国家」においては、独裁国家の意に染まない言論の自由は当然、許されないだろうし、「独裁国家」という「国体」を否定する動きはすべて国家転覆罪として重罰の対象だろう。

では「民主国家」では?「民主国家」自体を否定する言論や民主国家を否定する動きは許されるのだろうか。「共謀罪」や「治安維持法」に当たるような法律があり、国家転覆を図ったり、外国勢力と結託するような動きを罰することはできるのだろうが、いまのところ「言論」については、たとえそれが、民主主義を否定するようなものであっても、大目に見られている。ある政治哲学者の見解によれば、否定的な言論であろうとも、言論の自由があること自体、「民主主義」の概念を発達させるものであるし、そもそも「民主主義」が究極の到達点であるかもわからないのだから、言論の自由は、進歩を促すためにも必要である、ということだ。もちろん、「民主国家」でも、どこまで言論の自由が許されるのか、例えば「ヘイトスピーチ」まで、言論の自由に含めるのかということは、常に意見を出し合い、検討し合う問題であるが、「言論の自由」を封殺してしまえば、そういった否定的な意見すら知ることができなくなり、検討することが不可能になる、だから、「民主国家」では、「民主国家」自体を否定する言論でも、自由が認められるべきだというのは、私も同意する。

わたしは、宗主国のアメリカに対して従属することをやめて自立した方がよいという日本の「国体」を否定するものである。そんな私も、お目こぼしをもらって大して見ている人もいなだろうこんなブログで「言論の自由」を謳歌している。しかし、それも、時の政権の思惑次第ということを思うと、少し空恐ろしい気がする。だから、香港の人たちに共感し、連帯し、民主的な価値を守りたいと思うのだ。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« オリンピックを考える | トップページ | Japanese lives matter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピックを考える | トップページ | Japanese lives matter »