UA-92533382-1 新型コロナを考える: よつば農場便り

« 歌舞伎鑑賞 | トップページ | 新型コロナから考える その2 »

2020年4月27日 (月)

新型コロナを考える

新型コロナウイルスの蔓延によって、日本社会は、そして世界は、変容せざるを得ないであろう。私も含めてたぶん人間は、昨日のままに今日も明日も世は続いていくのだろうと何となく考えてすごしてきた。変わるとしても、過去の延長線上に変わるのだろうと考えるので、変化は大したことではないと考える。だが、今回のコロナウイルスの登場で、世界は大きく変わらざるを得ないだろう。コロナウイルスが収束した後で、また元通りの世界が来るのだろうか。とてもそれは信じられない。

今、人間活動が収まっているので、地球環境はとてもきれいだということだ。こんな変化がすでに起きている。コロナウイルスのことで、これを機にどのように考えていけばよいか、識者の言葉を2020年4月21日付の河北新報が掲載していた。私自身大変興味を持った内容だったので、概要を伝える。

批評家の東浩紀氏によると、
・私たちは地球規模のコミュニティーを作ったつもりだったが、それは大変脆弱なものだった。
・不安だから国を頼り強い命令を求める雰囲気があるが、自由を譲り渡すのでなく市民の力で防ぐべき。
・ウイルスは国家が戦う相手出ないし、政治で抑え込めるものではない。
・今回、社会が持っている弱点が明らかになり、事態の収拾後、グローバルコミュニティーに傷を残す。
・グローバリズムは不可欠だが、市民同士の交流が必要。グローバリズムの弱さを知って、身の丈グローバリズムを構築すべき。

医療社会学者の大野更紗氏によると
・コロナウイルスの脅威は、人間を孤立させる大きな力があること。相互不信をあおり、社会的連帯を阻む。
・グローバル社会の仕組み自体がパンデミック(世界的大流行)を速めている。
・パンデミックは、ワクチン開発、治療法の確立、あるいは社会の大部分の人が感染するという惨事によっていつかは収まる。このように出口は確実にあるが、収束に何年かかるかわからない。

こんなふうに、いくつかの言葉が今の社会を言い表していると思うし、こういった言葉を頼りに私も思考していこうと思う。このような「言葉」を掲載してくれる新聞というメディアにも感謝だ。

 

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

|

« 歌舞伎鑑賞 | トップページ | 新型コロナから考える その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌舞伎鑑賞 | トップページ | 新型コロナから考える その2 »