UA-92533382-1 マスク2枚: よつば農場便り

« 立ちどまって考えてみたら | トップページ | 不要不急 »

2020年4月11日 (土)

マスク2枚

国民が望んでいるのは本当にマスク2枚なのだろうか。

 

安倍さんの確固たる支持者さんたちも、本当にマスク2枚の配布でいいのだろうか。でも、いいのだろう。この強力な対策がまた多くの国民から支持されて、次回の選挙でも安倍さん率いる政権党は圧勝だろうし、もう永遠に総裁としてこの国を統治してもらわなければ困る、というところまでにも行くのだろう。こうなればもう安倍さんは、習近平も、プーチンも、キム・ジョンウンも超えた世界で最高の政治家になる。

 

私が思うに、安倍さんは、忖度で人を死に追いやる人であるし、公職選挙法に違反して観桜会に支持者を招待する人だし、民主的なプロセスを無視して物事を進め、民主主義の土台となる記録文書をすぐに廃棄してしまう人だし、こういうことはこのような感染症の爆発を防ぐ重大局面でも、「頑張っている安倍さんを邪魔するな」「コロナ以外の余計な批判をする人は非国民」では、済まされないことだと思う。指揮する人に、この人ならついていこうとは、決して思わせない人だ、安倍さんは。

 

さて、私のような批判ではなく、漫画を使った風刺やパロディーは、民主的な社会では本当に尊いものだと思う。もし、これがなくなれば、息ができない社会になってしまう。ある新聞に掲載されたやく みつるさんの4コマ漫画は本当に傑作だった。著作権の関係でそれをここに転載することはできないから、私が言葉で要約する。

 

1コマ目:安倍さんが自宅で新聞を読んでいると、(新聞の見出しが小さく「産経新聞」となっているのも、やくさんの芸の細かさでいい)昭惠さんが部屋に入ってきて「マスクが2枚郵送されてきたけど何かしら」と尋ねる。

 

2コマ目:安倍さんが経緯を説明すると昭惠さんが、そのマスクをして、これで安心して出かけられると喜ぶ。(やはりめでたい、と字幕が挿入されているのが、やくさんの傑作だ)

 

3コマ目:安倍さんがどこへ行くのかと呼び止めると、昭惠さんが、次は八重桜を見にレストランへと言って、いそいそと出かけようとする。

 

4コマ目:安倍さんが、政府のマスクは小さいから顔が隠れない、市販の大きなマスクをしていきなさい、とマスクを着け変えさせる。昭惠さんは、大きなマスクで顔を隠して、ピースサインをして桜を見に出かける。

 

言葉では、面白さも半減だ。やくさん、ぜひ、自宅にいる人も多いので、この傑作マンガどこかで無料公開してください。漫画の持つ、風刺やパロディーの強さが死んでしまわないように。健全な社会のためにも。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 立ちどまって考えてみたら | トップページ | 不要不急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちどまって考えてみたら | トップページ | 不要不急 »