UA-92533382-1 歌舞伎鑑賞: よつば農場便り

« 不要不急 | トップページ | 新型コロナを考える »

2020年4月21日 (火)

歌舞伎鑑賞

外出自粛と人の集まりを避けるため、コンサートや舞台公演が軒並み中止となっている。演劇関係者の方の苦悩はいかばかりかと思う。文化的営みが今後も続いていくことを祈る。文学や芸能などは、このような感染症爆発的拡散の緊急事態時には、優先順位が低く考えられようが、しかしこのような分野も深く人間の本性に根差したもので、人が生きるために必要なこと、再び、芸能鑑賞ができる時がやってきてほしいものだし、きっとその時は来る。

国立劇場で行われるはずだった「義経千本桜」の通し狂言も、公演が中止となった。稽古を積まれていた役者さんたちも、準備をしていた関係者の方々もさぞかし残念なことだろう。

緊急事態宣言が発出され、自宅にいる人も多かろうと配慮もあったと思うが、国立劇場の方で、「義経千本桜」の公演の映像を期間限定で、公開してくれている。観客がいない劇場で通しの演目を収録したものだ。歌舞伎は、観客が役者に声をかけたり、その声掛けで、役者の見えが決まったりする。もともとは、弁当やお茶を飲みながら見ていたようなちょっと猥雑した力強さが魅力なのだから、無観客というのは何とも寂しいが、歌舞伎役者さんたちの芸事の凄さは伝わってくる。ぜひ、多くの人に見ていただきたい。

それに歌舞伎というのは、そもそも筋を全部知ってから見た方が、役者の演技の妙やほかの演者や演出の違いに集中できてよい。だから、公開されたこの名高い古典作品を見て筋書きをしておくのもよいと思う。

脚本は江戸時代に書かれたので、荒唐無稽なところや、江戸時代の人々の生活実感にはとても訴えたのだろうけど、現在の観客には果たしてというところもある。しかし、平家の公達が落人となって生きていたというのは、改めて平家滅亡の悲劇を強調するし、やはり幼い安徳帝の入水前の無邪気さや辞世の句には涙が誘われる。

立役の尾上菊之助が見事だ。佐藤忠信を演じ、一方で狐となれば親を慕う無邪気な子狐にしか見えないし、一方で武士を演じれば実直な武士にしか見えない。内面からも醸し出される演技だが、それが見るものが全くいない劇場で行われているとは。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

|

« 不要不急 | トップページ | 新型コロナを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不要不急 | トップページ | 新型コロナを考える »