UA-92533382-1 全共闘VS三島由紀夫: よつば農場便り

« 物語 | トップページ | 立ちどまって考えてみたら »

2020年3月28日 (土)

全共闘VS三島由紀夫

一般的に「全共闘」は左翼だ。そして三島由紀夫は右翼だ。左翼と右翼では考えが違う、話が通じない、対立する、憎みあうと考えるのが自然だろう。70年代安保で全共闘の学生たちが東大の安田講堂に立てこもったとき、三島由紀夫が、東大全共闘に呼ばれて、1000人の学生と対話をしに行った。その時の記録映像をTBSがとっていて、その貴重なフィルムをもとに、その時の全共闘側の学生や内田樹さんなどの現代の思想家たちの証言やコメントを入れながら作った映像作品が「全共闘VS三島由紀夫」だ。

 

ぼくは文学者としての三島ファンなので見に行ったのだが、三島の肉声やポーズを生身で見れた気がしてとてもうれしかった。それだけでなく、三島の「言葉」のすごさと、そして三島がこれほど敬意をもって学生たちに接している真摯な姿に感動した。そして、この三島さんの姿を見て、「言葉」をこれほど軽んじる安倍首相と彼に象徴される現体制は、絶対に許してはいけないと、改めて思った。三島さんが生きていれば、当然、安倍首相は軽蔑の対象であり、偽の「右翼」で、絶対に安倍首相と現体制を許さないと思う。まあ、こんな日本を見たくなくて、三島さんは自決してしまったのだろうけど。

 

三島さんは超一流の文学者だ。だから「言葉」がすごいのは当然だ。それを政治家の安倍さんの「言葉」と比べると、安倍さんもかわいそうだが、安倍さんは、本性なのか、それとも体制全体の策略なのか、相手の話を真摯に聞かない、同じことを何度も言い募り相手をあきらめさせ無力化する。そこには当然相手に対する敬意は感じられないし、「言葉」に対するものすごい冒瀆がある。安倍さんは、三島さんのように「右翼」でもなければ「保守」でもないし「愛国」でもない。

 

三島さんは左翼の全共闘学生に対して、きちんと話を聞き、自分のことをわかってもらおうとする。そこには学生に対する愛情すら感じさせる。討論しているうちに、共通の基盤も見えてきて「共闘」しようという話にすらなる。そう、全共闘と三島さんはつながっているのだ。どうつながっているのか映画を見て初めて分かったのだが、それは「自主・独立」で日本を守るというところだ。ただし、三島さんはその守るべき「日本」として「天皇」という言葉を使った。この「天皇」とは何だったのかということが、映画の中で平野啓一郎氏らが解き明かしてくれていたが、それは決して「ヒロヒト」というわけではない。もっと複雑な守るべき日本の文化というようなものだった。三島は、全共闘の学生に「天皇」と言ってくれれば一緒に闘えると呼び掛けたが、全共闘の学生たちは当然、拒否する。しかし、この決裂は決して悲しい物別れではなく、見ている私にはどこか心温まる情愛深いものに感じた。

 

全共闘も三島さんも、闘って勝ち取り守ろうとした「自主・独立」を、切り売りしているのがまさに安倍首相と現体制だ。安倍首相の祖父が60年安保を締結し、その安保を破棄しようという運動が70年安保だったというのもまさに象徴的で、現在アメリカに日本人の命まで差し出しているのが安倍さんと現体制だというのも、本当に象徴的だ。岸さんや佐藤さんに全共闘運動は「負けた」とことになっているが、この映画を見ると決して「負けた」わけではないということが分かる。全共闘世代が、引っ張ってきた自主・独立運動はまだまだ命脈を保っているし元気だ。本物の「右翼」や愛国者たち、文化防衛論者たちだって、安倍さんと現体制を決して許さないのだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 物語 | トップページ | 立ちどまって考えてみたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物語 | トップページ | 立ちどまって考えてみたら »