UA-92533382-1 生活よりもイベント優先: よつば農場便り

« 結核菌と人間との共生 | トップページ | 寄生虫(パラサイト) »

2020年2月28日 (金)

生活よりもイベント優先

安倍首相が全国の公立小中高等学校の一斉休校を呼び掛けた。これは非常に社会的に大きな影響を持つ政策で、感染対策の自分のミスを国民に転嫁するものであろうし、国民の生活を犠牲にしてもオリンピックさえ開催できればそれでよいとする政府の思考が露骨に見えるのだ。

しかし、私が心配するのは、多くの日本国民が「自己責任」を刷り込まれているので、感染が広まったのは自分たちが対策を取らず軽率だったと自己を責め、どこにも外に出ずに内に閉じこもり、逆に安倍さんが、感染症対策も先頭に立って指揮した英雄となり、オリンピックを熱狂的に迎え、その後夏あたりに「憲法改正」がいつの間にか成就していることだ。

安倍さんの運の良さや政策や世論誘導の巧みさというのは、ものすごい力量である。フクシマ核発電の事故では、自らが津波対策を怠ったのにもかかわらず、全部事故を民主党のせいにして、国民に「悪夢のような民主党時代」という確固としたイメージを増殖したし、今回の感染症対策も、決して政府を責めず、全部自分が悪いと思ってくれる国民から厚く支持されて、感染症を克服した英雄になろうとしている。

もう私にはこうなると神頼みしかなくなる。核発電事故を完全に遮断したと嘘で誘致したオリンピックなのだから、天罰が下ったっていいでしょうと。天罰が下らないようでは、神も仏もどこにいらっしゃると嘆きたくなる。さらには、国民ももっと我慢せず、わがままになって、イベントなんかよりも自分たちの生活の方が大事だと、主張したって全然ばちは当たらないと思う。もう私たちは十分すぎるくらい我慢して犠牲を払っているのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 結核菌と人間との共生 | トップページ | 寄生虫(パラサイト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結核菌と人間との共生 | トップページ | 寄生虫(パラサイト) »