UA-92533382-1 下衆の勘繰り: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 八十一 まとめ | トップページ | 郵政民営化 »

2019年12月23日 (月)

下衆の勘繰り

自民党秋元議員が、カジノ誘致で利益提供を受けた疑いで検察に捜査されている。

 

私は疑問に思う。

 

自民党であれば何をやっても許されるのだし、証拠はすぐ廃棄されるわけだから、なぜ検察に疑惑を持たれるいわれがあるのだろう。

 

そこで、私のようなものの下衆の勘繰りだ。

 

検察は、安倍さんを礼賛するジャーナリストの女性暴行事件を、政治案件として告発せずなかったことにしてしまった。しかるに、民事裁判で誤った判決が出て、一転してこのジャーナリストの女性に対する性的暴行の事実が認められてしまった。そして、この事案が世間の耳目を集めてしまった。

 

そこで、検察は「機能していないわけではない」というアリバイを作るために、秋元議員を捜査しているのではないだろうか。

 

だとすると、秋元さんは安倍さんを礼賛しなかった等の理由で不興を買っているのか、もしくは将来の大臣のポストを約束されて、「すまん、今回だけは、国民の目をジャーナリストの女性暴行事件からそらせるためにも、矢表に立ってくれ」と依頼されているのか?

 

いずれにせよ、下衆の勘繰りにすぎないが、自民党と安倍政権は盤石だ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 八十一 まとめ | トップページ | 郵政民営化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』 八十一 まとめ | トップページ | 郵政民営化 »