UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七十九 怨みと天の道: よつば農場便り

« 大平山 | トップページ | 米軍基地汚染 »

2019年12月11日 (水)

『老子―もう一つの道』 七十九 怨みと天の道

【自由訳】
大きな怨みある当人どうしを取り持って、なお怨みが残るようでは、よい仲裁とは言えない。聖人は、他人に貸していても、その返却を求めない。それは天の道にも通じる。天には依怙贔屓はなく、常に善人の見方である。

【解説】
「天は常に善人に与(くみ)す」と聞くと、親鸞の善人なをもて往生をとぐ、いわんや悪人をや、を思い出す。親鸞の方は、仏は悪人こそを導きたまうと言ったのであるが。


さて、怨みを消すことはできるのだろうか、争った人間どうしの和解はあり得るのだろうか。老子が提出している問題意識は、きわめて現代的でもある。そして、この人間社会ではいまだに解決されていない問題である。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 大平山 | トップページ | 米軍基地汚染 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大平山 | トップページ | 米軍基地汚染 »