UA-92533382-1 マノン: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 七十八 水のたとえ | トップページ | 大平山 »

2019年12月 5日 (木)

マノン

メトロポリタン歌劇場のライブ・ビューイングで「マノン」を見る。

フランスの作曲家マスネの音楽が美しい。文学作品を題材としたところ、享楽的な女を主人公とするところなど『椿姫』にも相通じるところがある作品かなと思った。

第5幕のマノンとデ・グュリーが抱擁して、ついにマノンが息絶えるところは、メロドラマと思いながらも、官能的な音楽の美しさに胸が熱くなった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

|

« 『老子―もう一つの道』 七十八 水のたとえ | トップページ | 大平山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』 七十八 水のたとえ | トップページ | 大平山 »