UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七十七 天道の配慮: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 七十六 柔らかき者 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十八 水のたとえ »

2019年12月 1日 (日)

『老子―もう一つの道』 七十七 天道の配慮

【自由訳】
天の道の為すことと言えば、高くに居るものを低め、低きに居るものを高めてやることである。また、餘(あま)りある者から取り、足りない者を補ってやることである。だが、人の世ではどうか。足りない者からますます奪い、餘(あま)りある者へと移っていく。餘(あま)ったものを自らすすんで天下に与えようとするものなどはいない。
それができるのは聖人だけである。理想の大人は自分が成し遂げたことを頼みとせず、功を遂げてもそこに長く居ない。愚に見えるようにする。

 

【解説】
天の道と人の世との対比。聖人のありかた。

|

« 『老子―もう一つの道』 七十六 柔らかき者 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十八 水のたとえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』 七十六 柔らかき者 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十八 水のたとえ »