UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 八十一 まとめ: よつば農場便り

« 俺たちに明日はない | トップページ | 下衆の勘繰り »

2019年12月19日 (木)

『老子―もう一つの道』 八十一 まとめ

【自由訳】
まことある言動は美しくないかもしれない。善き人は詳しく弁じたりしない。ほんとうの智者は博識とは違う。聖人は自分のためには蓄えない。すべてを人に与えて、こうすることでますます豊かになる。天の道は万物を利して害を与えない。聖人の道は為すだけ為して人と争わない。


【解説】
老子は最後に、本当の信、本当の知のありかたを説く。与えて与えて与えても貧しくならず、ますます豊かになるもの、それが天の道、聖人の道。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

|

« 俺たちに明日はない | トップページ | 下衆の勘繰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺たちに明日はない | トップページ | 下衆の勘繰り »