UA-92533382-1 米軍基地汚染: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 七十九 怨みと天の道 | トップページ | 『老子 ― もう一つの道』 八十 小国寡民 »

2019年12月12日 (木)

米軍基地汚染

沖縄の今を伝えてくれるラジオ番組がある。10分もない程度だが、沖縄の元琉球新報の解説委員だった方が、電話で沖縄で今何が話題・問題になっているのかを、生出演でラジオで話してくれるのだ。

 

それを伝えるのは宮城県の東北放送。私は今、とてもローカルになっていて、新聞は地元紙しか読んでないので、全国の同じ地方同士の問題点を知れることはとてもいい機会だ。

 

さて、今日聞いた話題は、米軍基地内で不法投棄された化学物質のことだ。大事な沖縄の土地が、化学物質で汚染されている。それだけでは済まない。汚染物質は、地下水や河川に流れ出し、飲み水を汚染しているのだ。現に、地域の人たちの人体からは、高濃度の汚染物質が検出されたということだ。

 

この化学物質は、本国のアメリカでは使用禁止だ。しかし、日本ではいいわけだ。ここに、アメリカの本質的な人種差別的な態度を垣間見る。アメリカは、民主主義を世界中に広めるのだと息巻いているが、彼らの民主主義はダブルスタンダードだ。植民地の民や有色人種には適用されないのだ。

 

安倍さんが望むようにこのままアメリカの51番目の州になったとしても、法の下の平等は実現してもらえないだろう。アメリカ国内で、キング牧師などが公民権運動を起こして、差別撤廃を目指したように、私たちも「公民権」獲得のために頑張らなければならない。もしくは、「独立」を目指すべきではないだろうか。

 

ラジオでは、これは沖縄だけの問題ではない、基地がある日本全国の問題なんだと言っていた。その通りだと思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

 

|

« 『老子―もう一つの道』 七十九 怨みと天の道 | トップページ | 『老子 ― もう一つの道』 八十 小国寡民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』 七十九 怨みと天の道 | トップページ | 『老子 ― もう一つの道』 八十 小国寡民 »