UA-92533382-1 『老子 ― もう一つの道』 八十 小国寡民: よつば農場便り

« 米軍基地汚染 | トップページ | 俺たちに明日はない »

2019年12月14日 (土)

『老子 ― もう一つの道』 八十 小国寡民

【自由訳】
小さい国で人民の数が少ない。軍隊がなく、人々は死を恐れ慎み、遠くへ行こうとしない。だから、舟も車も武器も必要ない。自分たちの質素な衣食住と素朴な習俗に満足し、近くの国とは行き来もしない。

 

【解説】
小国寡民は、老子の理想。このグローバル化の時代に、世界から隔絶された小国寡民の存在は可能なのだろうか。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 米軍基地汚染 | トップページ | 俺たちに明日はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米軍基地汚染 | トップページ | 俺たちに明日はない »