UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七十六 柔らかき者: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』  七十五 生にとらわれない | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十七 天道の配慮 »

2019年12月 1日 (日)

『老子―もう一つの道』 七十六 柔らかき者

【自由訳】人は生まれたときは柔弱で、死ぬときは体が固くなる。植物の一生とてそうである。そうしてみると、強くて固いものは死の輩で、柔らかで弱いものこそが生の輩ということになる。軍隊の強大さを誇っていてもその軍隊は必ずや挫折するし、強い木も折れる。結局、強く固いものは下に降り、柔らかく弱いものこそが上に登る。

 

【解説】柔弱なる者こそ真の強者であることを、老子は何度も説いてきた。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』  七十五 生にとらわれない | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十七 天道の配慮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』  七十五 生にとらわれない | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十七 天道の配慮 »