UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七十三 天道の理 ― 天網恢恢、疎にして漏らさず: よつば農場便り

« 読捨新聞社説に見る民主主義の危機 | トップページ | 民主主義について考える »

2019年11月20日 (水)

『老子―もう一つの道』 七十三 天道の理 ― 天網恢恢、疎にして漏らさず

【自由訳】
大胆不敵なものは命を落とし、慎重で臆病なものが活きのびる。だが、常にそうとも限らず、それは天命なのであるが、誰が、天の定めた命運を知ることができよう。そもそも天の道は争わなくても自ら来る。間延びしているようでも、よく練られた計略なのである。天はよく見ている。天の網は目は荒いようだが、決して漏らさない。

【解説】
老子は、天の配剤や天の理を説く。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 読捨新聞社説に見る民主主義の危機 | トップページ | 民主主義について考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読捨新聞社説に見る民主主義の危機 | トップページ | 民主主義について考える »