UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七十一 自覚に至る: よつば農場便り

« 七十 天下は私を知らない | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十二 民への接し方 »

2019年11月 9日 (土)

『老子―もう一つの道』 七十一 自覚に至る

【自由訳】
知っていても知らないという謙虚な態度こそがよい。知りもしないくせに、知っているとばかり言っているようなのは、もはや病気である。理想の大人は、自分が病気であるということを自覚する。そうすればもはや病気とは言えない。

 

【解説】
内省し、自覚に到達すること。病弊を知っているものにとって、病弊はもはや病弊ではない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 七十 天下は私を知らない | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十二 民への接し方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七十 天下は私を知らない | トップページ | 『老子―もう一つの道』 七十二 民への接し方 »