UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七十二 民への接し方: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 七十一 自覚に至る | トップページ | 読捨新聞社説「野党は桜を見る会の追及をやめるべきだ」 »

2019年11月13日 (水)

『老子―もう一つの道』 七十二 民への接し方

【自由訳】
民の生活は圧迫するな。圧迫しなければ、彼らは生活の労苦をいとわず力強く生きていく。民の上に立つべきものは自らの知識を見せびらかしたり、いかにも自分は貴人であるという態度では民に臨まないのである。

【解説】
老子という書物は政治的でもある。中国の思想家・詩人、みな伝統的に国家天下の経略を論じる愛国者なのである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

|

« 『老子―もう一つの道』 七十一 自覚に至る | トップページ | 読捨新聞社説「野党は桜を見る会の追及をやめるべきだ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』 七十一 自覚に至る | トップページ | 読捨新聞社説「野党は桜を見る会の追及をやめるべきだ」 »