UA-92533382-1 不就学児童: よつば農場便り

« 冷笑的な態度 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 六十五 愚かなことがよい »

2019年9月29日 (日)

不就学児童

日本に住む外国人の子どもで、学齢期なのに、就学していない子供が2万人いるのではないかという調査結果が文科省から出された。それを28日の朝刊で朝日新聞が報じていたし、27日の夜のNHKのニュース番組でも報じていた。

 

このような調査をするということ自体、文科省は、安倍さんの意向を無視しているし、NHKも朝日も安倍政権からおしかりや圧力を受けるのではないかと心配してしまう。というのも、この調査や調査結果は、問題提起であって、問題があれば、解決しなければならないというふうに私は思うからだ。

 

ふつう、子どもがこの日本社会に住んでいながら、就学していいないのであれば、それは問題であって、就学できない原因を解決し、日本社会で受け入れて就学させましょうとなるはずで、調査は当然、そういう問題提起で、報道機関も国民に問題の所在を知らせ、一緒に解決しましょうという気持ちを国民に喚起していると私は考える。

 

しかるに、安倍政権は、外国人の教育には税金は出さない、(ついでに、政権の意向や考えに合わない美術展などの芸術活動に対しても補助金は支出しない、その代わり、宗主国のアメリカの歓心を買うために余剰トウモロコシは購入する)という税金の使い方をし、そこに彼らの政治信条が表れているからだ。

 

ラグビーワールドカップの「日本」チームを見ても分かるように、日本社会を支えているのは、日本人だけじゃない。(そして、純粋な日本人を主張できる権利は、列島に何千年、何百世代以上暮らしていればよういのか?)なぜ、社会の大事な一員として、受け入れないのだろうか。とりあえず、外国人排除、特に韓国・朝鮮人の排除を叫べば、政権の支持率が上がるからだろうか。在日韓国・朝鮮の人たちが日本社会のメンバーとしてこの社会を作り支えているのに、その子供たちの就学支援金を出さない安倍政権は、当然、どの国の人たちであろうと、外国人子弟の就学には冷たい態度を取るだろう。

 

美しい国日本や、誇りの持てる国日本の考え方は、私は安倍さんと違う。過去に過ちを犯したことなど一回もない美しい日本とか、純粋日本人だけの日本などという安倍政権を支持する政治勢力の考えには違和感を覚える。抑圧や人権無視の国から来ても、人権が守られ人間らしく平等に扱ってもらえ、この社会を支えるメンバーになれる国、それが私の思う、美しい日本だ。

 

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 冷笑的な態度 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 六十五 愚かなことがよい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷笑的な態度 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 六十五 愚かなことがよい »