UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 六十二 道の貴さ: よつば農場便り

« 暴力を危惧する | トップページ | 日韓関係 少数意見でも絶やさずに »

2019年8月19日 (月)

『老子―もう一つの道』 六十二 道の貴さ

【自由訳】
道は事物の最奥にあって善・不善を問わず、すべての人を貫き存在する。だから不善の人とて見捨てるべきでない。「道」こそすべての物に先立つ。「道」は求めれば得られるし、「道」によってすべての罪は許される。だから、この世で最も貴きもの、それは「道」である。

 

【解説】
「道」によって罪が除かれ、「道」が善人・悪人の分け隔てなくすべての人の罪を許すという思想。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 暴力を危惧する | トップページ | 日韓関係 少数意見でも絶やさずに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暴力を危惧する | トップページ | 日韓関係 少数意見でも絶やさずに »