UA-92533382-1 余剰トウモロコシの購入: よつば農場便り

« ロイヤル・オペラ・ハウス / プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 六十四 何もしなければ、また失うこともない »

2019年8月30日 (金)

余剰トウモロコシの購入

安倍さんが、トランプさんから、余ったトウモロコシを購入してあげるのだという。

 

保守的で「愛国」だと思っている私は、この政策には納得できない。

 

第1に、国富の流出である。余ったトウモロコシをわざわざ買ってあげるお金は、教育奨学金を充実させるなど国内でもっと有効に使えるのでないか。それに、安倍さんは、近隣諸国との対立をいたずらにあおることで、すでに経済交流がもたらす国富を失っている。とすれば、二重に国民の生活を犠牲にするものではないのか。

 

第2に、国民の命を差し出すことになるのではないか。このトウモロコシは、直接人間が口にすることはないとしても、農薬の基準などをどんどん日本よりも甘くするよう、も止まられるままに受け入れている阿部さんは、国民の命をないがしろに考えているのではないか。

 

私たち、国民も自己責任論の呪縛から解放されよう。生活が楽にならないのも、実質賃金が上がらないのも、決して自分の働きが悪いからでもないし、自分を責めるのをやめて、「政治」が悪いのではないのか、アメリカの代理人として統治することを許されている人たちが、国民を犠牲にしてでも自分たちの利益をはかっているのではないかと、声を上げても、それは決して罪深いことでも何でもない。

 

 

follow us in feedly

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« ロイヤル・オペラ・ハウス / プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 六十四 何もしなければ、また失うこともない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロイヤル・オペラ・ハウス / プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 六十四 何もしなければ、また失うこともない »