UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 五十八 光をつつむ: よつば農場便り

« 国民は代表されているのか?をさらに考える | トップページ | 国民は代表されているのか?さらなる続き »

2019年7月17日 (水)

『老子―もう一つの道』 五十八 光をつつむ

【自由訳】
政治家がうすぼんやりしていれば、かえって人民は純朴で、逆に、政治がやたら黒白を付け、はっきりしていると、人民に不満が高まり、人民どうしで争いだす。


不幸のどん底に幸いがすでにきざしているものだし、幸福の絶頂に不幸はすでに存在している。幸福と不幸と、禍(わざわい)と幸(さいわい)と、その変転を人の目で見極めることはできるのだろうか。どこに変転のない常道を見出すことができるのか。正は邪となり、善は悪となる。そこで、理想の聖人は突出しないこと、極めないことにした。方直・廉直であっても、その角で人を傷つけたりしない。

内面に光があっても、それを隠し外へは現わさない。

【解説】
ここでまた、光をつつみ隠すことの重要さを強調。また、幸・不孝の変転をどう見極めるか、どう人生に処するかを指南。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 国民は代表されているのか?をさらに考える | トップページ | 国民は代表されているのか?さらなる続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国民は代表されているのか?をさらに考える | トップページ | 国民は代表されているのか?さらなる続き »