UA-92533382-1 民主主義: よつば農場便り

« 大沢 真幸氏の「論考2019」を読む | トップページ | 民主主義の考察 その2 »

2019年6月13日 (木)

民主主義

香港の民主化運動を支持したいと思う。今香港では、中国本土に犯人を移送することに同意する法律制定に反対する人たちが反対の意思表示をしている。思想や信条の自由、表現の自由、逮捕や取り調べできちんとした民主的手続きがとられ人権が守られること、拷問を受けないことといったこうした基本的人権が踏みにじられることを恐れてのことだ。

彼らが恐れていることは決して私たちにとっても他人ごとではないと思う。世界で非民主主義的な勢力があれば、それは黒雲のように広がり、気の合う首脳たちは手を握り合う。反対に、世界に民主的な勢力があれば、それはさざ波のように広がり、世界を救ってくれる。もし、日本の民主主義が、公文書の改竄、恣意的な法律の運用、権力者への忖度、自画自賛、ナルシズム、秘密主義、軍国主義、植民地支配下での抑圧で滅んでしまっても、民主主義の思想が世界のどこかに朽ちずにあれば、それは移植したり、養子に向かえたりして、また大事に育てていける。

香港の人たちは、大事な民主主義にの灯を守ってくれる。連帯したいと思う。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

|

« 大沢 真幸氏の「論考2019」を読む | トップページ | 民主主義の考察 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大沢 真幸氏の「論考2019」を読む | トップページ | 民主主義の考察 その2 »