UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 五十三 政治批判: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 五十二 「光」と「明」と | トップページ | 『老子―もう一つの道』 五十四 一身から初めて天下に徳を広める »

2019年6月26日 (水)

『老子―もう一つの道』 五十三 政治批判

【自由訳】
知恵があれば、ただ大道を行くことを望むはず。大道は平らかであるのに、人々はわざわざ小道・脇道を行く。上に立つものだけが、衣服を着飾り、飽食しているのは盗っ人と同じだ。

 

【解説】
大道とは老子の言う知恵。だが、光のあたった大道だけを歩むのを人は好むのだろうか。矛盾や陰影のある道を好むものが後を絶たないからこそ、人間のドラマは尽きないし歴史は動く。

 

ここで、例の老子の政治批判が出てくる。当時の王侯の横暴さ、人民を搾取しての豪華な暮らしぶりを舌鋒鋭く批判している。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 五十二 「光」と「明」と | トップページ | 『老子―もう一つの道』 五十四 一身から初めて天下に徳を広める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『老子―もう一つの道』 五十二 「光」と「明」と | トップページ | 『老子―もう一つの道』 五十四 一身から初めて天下に徳を広める »