UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 五〇 生死: よつば農場便り

« 報道・通信の自由の危機 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 五十一 道と徳と万物と »

2019年6月 1日 (土)

『老子―もう一つの道』 五〇 生死

【自由訳】
生から死へとおもむくこの決定的な時に、生きることのできるもの、死んでしまうもの、その分かれ目は何か。生を貪り、豊かにしようとすれば死ぬ。節制をして質素に生きれば死地はない。

 

【解説】
「生を出でて死に入る」ことを語っているが、「死を出でて生に入る」ことも同じである。生死は表裏一体で、その差は紙一重であるが、ここで老子は生に入るための要諦を説いている。老子流に行けば、求めるものを求めないこと、これが肝心だ。すなわち、生を求めるのが人情であるが、生を求めないことで生を得るのだ。(しかし、天災・人災・戦争など古代中国(そして現代の世界)を襲った苛酷な運命からも、老子の心得があれば、逃れることができたのだろうか。老子の教えは単なる養生法なのか。われわれは常に目前の生を、求めずして一瞬を生きているのである。)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 報道・通信の自由の危機 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 五十一 道と徳と万物と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報道・通信の自由の危機 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 五十一 道と徳と万物と »