« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

地獄門

女優の京マチ子さんが亡くなった。晩年は、私生活を明かさないミステリアスな生活を送っていたという。その京マチ子さんを追悼して、主演映画の特集が、仙台フォーラムで行われた。

 

京マチ子さんの映画と言えば、黒澤明監督の「羅生門」、そして溝口健二監督の「雨月物語」だ。私はこの2作品だけを見ていて、京マチ子さんと言えば、時代劇の印象が強い。この2作品、ともに外国の映画祭で高く評価され、そこには、京マチ子さんの、ヨーロッパの人が思う、典型的な東洋美の不思議な日本女性が描かれているのかなと思う。

 

追悼作品が連日上映された中で、私が見たのは衣笠貞之助監督の「地獄門」。題材は平家物語からとられている。清盛一行が厳島参詣しているあいだに、都では反・平氏の反乱がおこる。都に残り警備していた平家方の武士は、上皇や上皇后を何とか難を逃れさせようと、身代わりを牛車に載せ、反乱した源氏方の武士を追わせて、時間を稼ぐ。身代わりに立った女官が、京マチ子さん演じる「袈裟御前」。警固していた盛遠が、何とか袈裟を救い、盛遠は袈裟を見初める。清盛ら兵士一行は、急いで都に帰り、反乱を鎮圧する。論功行賞の中で、盛遠は清盛に、恩賞として「袈裟」を所望する。しかし、今朝は実は人妻だった…という話で、最後は袈裟が死んでしまうという悲劇なのだ。

 

この映画、光の使い方や演出など、京マチ子さんを美しく見せる趣向が際立っている大変美的な映画だ。それに、京さんは、不思議な東洋美の女優さんというだけでなく、表情、仕草など、一流なのだなと改めて感じる。それにしても、盛遠が、一方的に袈裟に恋慕して、思い込みから最後に殺めてしまうのは、現代のストーカーによる悲劇と何ら変わらず、暗然たる気持ちになる。しかし、最後は平家物語らしく、無常を感じた盛遠が出家して終わる、ということになるのだが、出家して済まされる話ではなかろうと、もし本当にあったとしたらこの理不尽な「死」をどう割り切ればいいのかと、そんなことを考えた映画だった。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

『老子―もう一つの道』 五十四 一身から初めて天下に徳を広める

【自由訳】
しっかり建てたものはぐらぐら抜け落ちたりしない。それと同じように個人として大事なことは、祖先をまつり一身を修めることだ。そうしてその徳は真のものとなる。このようにして徳を家全体で修めれば余りがあるし、村全体で修めれば、徳はますます豊かになり、天下で修めれば、徳は普く広がる。徳をどの程度修めているかは、天下全体、国、村、家、個々人、それぞれを見ればわかる。

 

【解説】
修身治国平天下の思想に近い。だが、老子の言う「道徳」は、「悪に報いるに善をもってせよ」という類のものであることを忘れてはいけない。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年6月26日 (水)

『老子―もう一つの道』 五十三 政治批判

【自由訳】
知恵があれば、ただ大道を行くことを望むはず。大道は平らかであるのに、人々はわざわざ小道・脇道を行く。上に立つものだけが、衣服を着飾り、飽食しているのは盗っ人と同じだ。

 

【解説】
大道とは老子の言う知恵。だが、光のあたった大道だけを歩むのを人は好むのだろうか。矛盾や陰影のある道を好むものが後を絶たないからこそ、人間のドラマは尽きないし歴史は動く。

 

ここで、例の老子の政治批判が出てくる。当時の王侯の横暴さ、人民を搾取しての豪華な暮らしぶりを舌鋒鋭く批判している。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

『老子―もう一つの道』 五十二 「光」と「明」と

【自由訳】
万物を生んだ一なる母を知れば、それは万物を知ったことと同じだ。この天下の万物・万事を知り、そのうえで根本を守れば殆ういことはない。感覚の門を閉ざし、心静かにいれば労されることはない。だが、感覚に刺激を与え続ければ、救いはついに来ない。

 

小さなことや微妙な差に気づくことを世間では「明察」だと言ってほめるが、柔弱を守ることこそが本当の強い人の姿だ。外にある知恵から学び、そして最後に内面の知恵に帰っていけば、身にわざわいが降りかかってくることはない。これが常に変化しない望ましい状態である。

 

【解説】
「光」と「明」の知恵を老子は区別している。自分の外にある知恵が「光」で、内にある知恵が「明」だ。また、ここでも静かに感覚の門を閉じることの重要性を述べている。翻弄されるだけの人生を否定する。

 

follow us in feedly

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

失われた時を求めて

プルーストの『失われた時を求めて』。傑作の誉れ高く、いつかは読んでみたいと思っていた。フランスの哲学者、フーコーやデリダ、ドゥルーズの著作を見ても、何かしらプルーストを論じていたり、引用したりしている。ということは読むべき価値があるのだろうし、引用だけでなく、元を知らなければ哲学者が論じていることも分からないだろうから、いつか読みたいと思っていて、遂に、その一歩を踏み出した。

日本の翻訳では、筑摩で出しているものが有名だが、岩波書店でも新しい訳を出したので、私は岩波文庫を読み始めた。あの有名な、紅茶を飲みながらマドレーヌを食べていると思い出がよみがえってきて…という第1巻は読み終わり、そして第2巻の「スワンの恋」まで読み終わった。でも、この先十何巻まである。しかも1冊が文庫本で400ページずつくらいある。いつ、読み終えるのだろう。死ぬ時までには?いや、死ぬまでに終わらないかもしれない。でも、焦る旅でもないし、「読んだ」という達成感や「読んだことがある」という見栄のためではないので、プルーストの延々と続く、心理描写のように、じっくりと味わいながら、読む時間があり、読む気分の時に、この先も読んでいこうと思う。

しかし、この岩波の新訳、訳者の後書きを読むと、訳者のこれまでのフランス語やフランス文学の研究の心血のすべてを注ぎ込んだものということだ。外国語に習熟することの難しさの一端を知っているものにとって、この訳業は本当に頭が下がる。背筋を正して読まなくては、申し訳ないという気もするし、各巻ごとの解説も大変優れている。訳者から受ける、恩に感謝したいと思う。

それにしても、文学なんて何に役立つのだろうか。これは、永遠の疑問だ。特にプルーストの精緻な心理描写の遠大な小説のようなものは。現代のような風潮では、短期的に利益を生むようなものが重視される。世の中を豊かにしているのは、科学技術だと、圧倒的に多くの人が思っているだろうし、文学好きでも、特に、自分の人生が恵まれているという自覚は自分自身にもない。しかし、役に立たないようなことが、実は一番役に立つのだ。人間は、物語なしでは、これまでやってこられなかったし、今もそうだし、これからもそうだろう。小説を読む至福の時間を味合わせてくれる、「失われた時を求めて」、いまやっと2巻の「スワンの恋」を読み上げることができた。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

民主主義の考察 その2

6月13日付の『河北新報』に、坂井豊貴氏の研究が紹介されていた。坂井氏は、経済学者で、数理モデルを基礎により良い制度を設計する「メカニズムデザイン」について研究しているという。わかりやすい具体例で「選挙制度」の話が引用されていた。われわれは、民主主義と言えば多数決、と思い込んでいるが、坂井氏によると、選挙で多数決を安易に採用するのは「思考停止というよりも文化的奇習」なのだという。

1人1票、一回の投票で一人を選ぶ多数決は、候補が3人以上になると「票割れ」に弱いという致命的な欠点がある。投票率100%で全員熟慮の上で投票しても、多数派の意見さえ代表されないことがある、意見集約の方法として不出来な制度だということだ。それでは、他にどんな方法があるかと言えば、上位二人で決選投票するやり方や、得票率1位の人に3点、2位に2点、3位に3点を与える「ボルダルール」などがあり、「ボルダルール」は票割れが起こりづらく、坂井氏が数理的にそれぞれ比較したところ、一人を選ぶ場合には「ボルダルールがよくて、一定数の有権者が1位に選ぶような人よりも、すべての有権者が2位に押すような人の方が、民主主義の代表にはふさわしいとのことだ。

というわけで、決め方が変われば、選ばれる人も変わるということだ。この話を読んで、私の様な非・自民の者が、「選挙制度が悪い」と言っていたのは、単なる負け惜しみの悔しがりではななかったということが、少しは根拠が得られたのかなとちょっと嬉しく思った次第だ。私たちは、ここで「思考停止」するのではなく、本当にこの制度はいいものなのかと、常に考えていきたい。民主主義は、確かに、これまで登場してきたいろいろな制度よりは、優れたものかもしれないが、それでも決して、完璧なものではない。最良の制度とか、最も良い民意の反映の仕方は何かということを、常に探していくべきだと思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

民主主義

香港の民主化運動を支持したいと思う。今香港では、中国本土に犯人を移送することに同意する法律制定に反対する人たちが反対の意思表示をしている。思想や信条の自由、表現の自由、逮捕や取り調べできちんとした民主的手続きがとられ人権が守られること、拷問を受けないことといったこうした基本的人権が踏みにじられることを恐れてのことだ。

彼らが恐れていることは決して私たちにとっても他人ごとではないと思う。世界で非民主主義的な勢力があれば、それは黒雲のように広がり、気の合う首脳たちは手を握り合う。反対に、世界に民主的な勢力があれば、それはさざ波のように広がり、世界を救ってくれる。もし、日本の民主主義が、公文書の改竄、恣意的な法律の運用、権力者への忖度、自画自賛、ナルシズム、秘密主義、軍国主義、植民地支配下での抑圧で滅んでしまっても、民主主義の思想が世界のどこかに朽ちずにあれば、それは移植したり、養子に向かえたりして、また大事に育てていける。

香港の人たちは、大事な民主主義にの灯を守ってくれる。連帯したいと思う。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

大沢 真幸氏の「論考2019」を読む

『河北新報』5月23日付に掲載された社会学者・大沢 真幸氏の論考を読み解いてみる。非常に興味惹かれる良質の論考だが、大沢氏が、黙して言い難かったところを補遺してみようと思うのだ。

表題は「平成の終わりと令和の課題」。内容を要約してみると、日本人は「平成最後の…」と大騒ぎしたが何も成し遂げてはおらず、成し遂げた方は、上皇となった平成の天皇・皇后だけだ。お二方は、「平和」をはじめ、戦後憲法に謳われた価値を明確に支持した。災害の犠牲者のもとに駆け付け、ハンセン病患者の様な社会的弱者に寄り添った。さらには、戦争の傷跡に向かいあい、戦後を終結させようと努力した。

ところが平均的日本人は、平成天皇のように、素直に迷いなく憲法の平和主義を支持したわけでなく、社会的弱者との距離を縮めようと努力したものもいない。天皇が行ったことは過剰ともいえるが、誰もやりすぎたと非難したものはなく、日本人が平成を通じて何かを実現したような幻想を持った時、お二方を自分たちの代理人として自分たちが行動したかのような気分になってしまった。

こうして日本人は、お二方が示したことを本当に実質があるものとして実行に移したいと思い、そうすることがよいと思っているのだが、そういう行動に移せないのは、無意識のうちでは罪を認めているものが、それでも言い訳をしてしまうのと同じだ。令和の課題は、無意識が真実だと言っているものに従うこと、願望しながらできなかったことを政治的に実質のあるものとすることだ。以上が大沢氏の論考の要約である。

さて、大沢氏が言い難かったことは、日本人の戦争への向き合い方だろう。大沢氏は、このようにたとえている。「私が何か過ちを犯したとする。だが、私はそれを認めたくなない。ああするほかなかったとか、私にはそうする権利があった、と私は言い張るだろう」これは、戦争責任のことだ。人権や人道に対する罪は、どう言いつくろっても消えるもので話し、何年たとうと時間が浄化してくれるものでもない。それを、「日本を貶める」という大きな声が、下記消そうとする。そのような政治勢力も平成時代は大きく伸長した。まさに、そのような政治勢力にとっては、平成天皇の行動は目障りだったことだろう。大沢氏の言うとおり、今度は国民が行動する番だと私は思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

『老子―もう一つの道』 五十一 道と徳と万物と

【自由訳】
道が万物を生じさせ、万物が存在していられるのは徳に養われているからである。茫漠として形なきものに形を与え、意志力を与えて勢いを有らしめた。それゆえ、万物は徳と道を敬い従ふのである。


道と徳のその高貴なありかたは、万物を生み養っていても、決して万物に命ずることがない。だから万物は万物本然のままでいられる。道と徳は万物を所有しようともせず、万物からの見返りも期待しないし、万物を支配しようともしない。これが道と徳のありようだ。

 

【解説】
本章と、たとえば、進化論との関係はどうだろう。進化を推し進めた力とはなんだったのか。それは老子の言う「道」「徳」のように、進化を推し進めていながら、それを外部から統御しようとはしないものだったのだろうか。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

『老子―もう一つの道』 五〇 生死

【自由訳】
生から死へとおもむくこの決定的な時に、生きることのできるもの、死んでしまうもの、その分かれ目は何か。生を貪り、豊かにしようとすれば死ぬ。節制をして質素に生きれば死地はない。

 

【解説】
「生を出でて死に入る」ことを語っているが、「死を出でて生に入る」ことも同じである。生死は表裏一体で、その差は紙一重であるが、ここで老子は生に入るための要諦を説いている。老子流に行けば、求めるものを求めないこと、これが肝心だ。すなわち、生を求めるのが人情であるが、生を求めないことで生を得るのだ。(しかし、天災・人災・戦争など古代中国(そして現代の世界)を襲った苛酷な運命からも、老子の心得があれば、逃れることができたのだろうか。老子の教えは単なる養生法なのか。われわれは常に目前の生を、求めずして一瞬を生きているのである。)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »