UA-92533382-1 自然の備忘録: よつば農場便り

« Where to go in Hachinohe | トップページ | 『孔子』 井上 靖 »

2019年4月 1日 (月)

自然の備忘録

おとといの土曜日、宮城ではというかここ仙台の平野で雪が降った。そんな寒い日に、と意外な感じで驚いたのが、広瀬河畔で初めて燕の姿を見かけたことだ。何10羽もの、かなりたくさんの数のツバメが川面を飛び交っていた。

そして今日も、時折雨が混じる寒い日だ。同じ場所の近くでたくさんのツバメが飛び交うのを見た。ツバメは、雨が降るようなときは餌になる虫が低く飛ぶので、低く飛ぶと言われているので、人目につくくらいたくさんの姿が見られたのか。

今年の桜の開花は早い。だから燕も例年より早く北国を訪れてもいいのだろう。私も、ツバメがここ仙台を訪れる標準日を知っているわけでないし、そんなに詳しく自然を観察しているわけではないが、なんとなく、自然の変化は天変地異の前触れという恐ろしい気持ちが湧くので、ここに燕を初めて見た日を記録として残しておく。

 

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

 

|

« Where to go in Hachinohe | トップページ | 『孔子』 井上 靖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Where to go in Hachinohe | トップページ | 『孔子』 井上 靖 »