UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 四十五 心を清静に保つ: よつば農場便り

« 生物多様性はなぜ重要か? | トップページ | 満開の桜の木の下 »

2019年4月 6日 (土)

『老子―もう一つの道』 四十五 心を清静に保つ

【自由訳】
大いなる完成は、人から見れば、どこか欠けている。しかし、不完全なように見えて、尽きることがない。同じように、大いに満たされているものは、かえって空虚に感じられる。だがやはり、空虚のように見えても汲めども尽きぬ泉なのだ。本当の意味で直なるものは、曲がっているように見え、技術に優れている人こそ、拙き手わざに見え、大いに説得力あるものは、口ごもり口べたのように見える。寒さの冬には、体を動かせば体が温まり寒さに勝った様にみえるが、では暑さの夏はどうする。ほんとうは心静かにいることこそが、暑さに勝る。「清静」こそが目指すべきこと。

 

【解説】
「清静」とは「清浄」。清らかで静かななるものを求める精神性を、老子は重んじる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 生物多様性はなぜ重要か? | トップページ | 満開の桜の木の下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生物多様性はなぜ重要か? | トップページ | 満開の桜の木の下 »