UA-92533382-1 読書ノート『脳死・臓器移植・がん告知』波平恵美子: よつば農場便り

« 特定技能外国人 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 四十七 万事を見通す »

2019年4月25日 (木)

読書ノート『脳死・臓器移植・がん告知』波平恵美子

私が波平氏の研究を知るきっかけになったのは、「質的研究」法を勉強する過程でのことであった。現在の学問研究は、データを数字としてとり、それを統計的に解析して結論を得るものが主流で、このような「量的研究」は人間の恣意や直感が入りにくく、学問的厳密を極め、より「科学的である」と主張するのもなるほどとうなずけるものがあるが、数理的統計処理に疎い私のようなものにはなじみにくい。

学問の受け手としても、数字が並んだ論文を読みこなすのは、私だけでなく一般の人にも難しく、これが学問と一般の人が乖離してしまう原因なのではないかとも思う。数字ではなく、「言葉」を解釈して方法が「質的研究」で、これは、医療現場における人間同士の関係の研究でよく用いられるのだという。波平氏がそうした「質的研究」の教科書を書いていたものだから、氏の名前を知り、氏の仕事に興味を持ったのだ。

氏の専門は「文化人類学」だ。それを医療の現場に適用する。大変興味深い方法だし、その成果もユニークなものに違いなく、得るものも多いと思う。この『脳死・臓器移植・がん告知』は、専門的な論文ではなく、一般の人向けにとても分かりやすく書かれたものだ。出版年は1988年で、もう30年前のことで少々古い。そのころは、『脳死』は人の死であるかどうかをめぐって、大いに議論されていた。波平氏は、この本の中で、今後脳死や臓器移植に関する日本人の意識は、変わるかもしれないと予想しながら、(そして、実際、脳死と臓器移植に関する意識や法律は大きく前進して変わった)、日本人の死生観を、医師の言説等も分析しながら考察している。

実際、私も自分が体験して思うのだが、ふだんは合理的に考えているつもりでも、人の死に向き合うと、合理的に考えることはできず、日本人独特の死生観が無意識に身についていたのだなと思う。

さて、私が本書で一番興味深く感じた点は、現在の医療は科学的に進歩して、病気の治癒率も上がっているのだろうが、そもそも、どの民族にも、昔から病とその癒しの過程や制度があって、祈祷師、霊媒師、巫女などがその役割を担っていた。そういうものも、単に「非科学的」と言って切り捨てることはできない。というのも、現在の西洋から来た臨床医学は、病気を治癒することを目指して、一定の(いや、かなりの)成果を上げているが、病と癒しの過程は担っていないのだ。ただでさえ、忙しい現在の医療従事者に、そこまで求めるのは、彼らをオーバーワークさせてしまう。だから、現在でも「病とその癒し」は必要で、それは新興宗教が担ったりしているが、しかし、本来は誰かが担い手になってやらなければいけないことなのだろう。そういう視点は、「文化人類学」だからこそ得られた視点だと思い、その点が大変興味深かった。

 

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 特定技能外国人 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 四十七 万事を見通す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特定技能外国人 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 四十七 万事を見通す »