UA-92533382-1 『老子―もう一つの道」 四十六 満足することの大切さ: よつば農場便り

« 満開の桜の木の下 | トップページ | 特定技能外国人 »

2019年4月18日 (木)

『老子―もう一つの道」 四十六 満足することの大切さ

【自由訳】
天下が乱れていなければ、急を告げる馬などは必要なく、農耕に使われる。天下に道なく争乱があれば、軍馬が蓄えられ、不吉な戦争の具が増える。罪の根本は多欲であり、足ることを知らないものが愚かにも禍をみづから招き、咎めをみづから引き寄せる。足るを知ることだ。そうならば、いつも不足・不満はない。

 

【解説】
消極的に何もしなければ、一切そこに人間の欲望のドラマは生まれないということになる。老子の哲学への疑問点はその点である。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 満開の桜の木の下 | トップページ | 特定技能外国人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満開の桜の木の下 | トップページ | 特定技能外国人 »