UA-92533382-1 この道はあっているのか?: よつば農場便り

« 安晋元年 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 四十三 言葉を用いない »

2019年3月 6日 (水)

この道はあっているのか?

3月3日付の共同通信の報道で、ロシアが日ロ平和条約交渉で「日米同盟は脅威で、日ロ関係改善の障害だ」と態度を硬化させていると出ていた。

 

アメリカとの軍事同盟と運命共同体にどんどん前のめりになって行く安倍さんと政権党をだれもこの国の人は止められないが、果たしてそれでこの国の人は幸せになれるのだろうか。

 

軍隊こそが安心・安全の源で、国民を幸せにしてくれると思って安倍さんに支持を与えている人も多いのだろうが、結局大事な隣国との関係を壊し、日本を孤立させるのは、軍隊こそが安全保障のために第一という考え方のではないだろうか。

 

拉致被害者の家族会が、米朝首脳会談の前に、交渉の邪魔はしないという声明を出した。これは、分断と力での対抗という安倍さんのやり方では永遠に問題は解決はしない、という家族会の判断で、大きな方針転換なのではないだろうか。

 

「この道しかない」と安倍さんは良く主張するが、でも本当にそうなのだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 安晋元年 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 四十三 言葉を用いない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この道はあっているのか?:

« 安晋元年 | トップページ | 『老子―もう一つの道』 四十三 言葉を用いない »