UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 四十三 言葉を用いない: よつば農場便り

« この道はあっているのか? | トップページ | MET ライブビューイング『カルメン』 »

2019年3月 9日 (土)

『老子―もう一つの道』 四十三 言葉を用いない

【自由訳】
この世で最も柔弱なものこそが自由自在である。だから、余計な作為を働かせず、自然であることがよく、言葉であれやこれやと教えないことがこそがよい。

【解説】
柔軟であることがすべてに至る道である。剛(つよ)きこと、強きこと、これは実は折れやすい。作為と難しい理屈、これを老子は排斥する。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« この道はあっているのか? | トップページ | MET ライブビューイング『カルメン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 四十三 言葉を用いない:

« この道はあっているのか? | トップページ | MET ライブビューイング『カルメン』 »