UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 三十五 安寧を得る: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 三十四 大道、宇宙を貫き流れるこの大いなるもの | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく »

2019年2月 7日 (木)

『老子―もう一つの道』 三十五 安寧を得る

【口語自由訳】
道という本源を心に抱いて天下を行けば、誰をも害することなく、安寧・安泰を常に感じる。
人は音楽の楽しさや食べ物の旨さにふつう心を奪われるものだ。
しかし、「道」には、そのような表面的な派手さで人を引き付けるということはない。味わいは淡泊、見ようとしても見えない、聞こうとしても微妙で聞こえない。だが、万人が用いても尽きることのない、永遠の命がある。それが「道」だ。

【解説】
体得して、それを自由自在に「用」として用いることができるもの。体得すれば、内から力を与えてくれるもの。汲めども尽きない内なるもの、それを「道」と知る。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 三十四 大道、宇宙を貫き流れるこの大いなるもの | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 三十五 安寧を得る:

« 『老子―もう一つの道』 三十四 大道、宇宙を貫き流れるこの大いなるもの | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく »