UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 三十五 安寧を得る | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十七 「道」はすべてを為す »

2019年2月10日 (日)

『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく

【口語自由訳】

弱いものが強いものに勝つにはどうしたらよいか。自分は光をつつみ、相手を強がらせ、勢力を張らせ、物をたくさん与えてむさぼらせることだ。

【解説】
弱いものとは柔軟な者。強いものとは鋼い者。柔軟でいれば、強いものは折れる。己を隠せ、暗くせよ。―老子の戦略

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 三十五 安寧を得る | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十七 「道」はすべてを為す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく:

« 『老子―もう一つの道』 三十五 安寧を得る | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十七 「道」はすべてを為す »