UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 三十七 「道」はすべてを為す: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十八 本物の道と世間の道と »

2019年2月11日 (月)

『老子―もう一つの道』 三十七 「道」はすべてを為す

【口語自由訳】
「道」には作為がない。自然である。しかし、すべてを成し遂げる。「道」を自らのうちに守るものは、その感化を回りのすべての人・すべての物に及ぼすことができる。万物はあるきっかけでさらに変転しようとする。それを「道」を自らのうちに宿すものは、無心で対処する。すると、天下は自ら落ちつくべき安定した状態へ導かれる。


【解説】
何もしないのにすべてを為すというこの不可思議さ。

「道」を体得し一体となった人が万物に安寧をもたらすこの不可思議さ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十八 本物の道と世間の道と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 三十七 「道」はすべてを為す:

« 『老子―もう一つの道』 三十六 弱きものが強きものをくじく | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十八 本物の道と世間の道と »