UA-92533382-1 『老子 - もう一つの道』 三十一 戦争は悲惨なものである: よつば農場便り

« 祝祭に向かう国で | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十二 止まるを知る »

2019年2月 1日 (金)

『老子 - もう一つの道』 三十一 戦争は悲惨なものである

【口語自由訳】
戦争、兵器こういったものは不祥のものである。多くの人がこれを憎む。もちろん道によるものは、戦いや武器を用いない。戦争を好むものは、人殺しを好むものであり、このようなものが天下を治める者になるわけにはいかない。戦で人を殺すことが多くなればなるほど、それだけ世の中の悲哀は増える。戦争に勝って浮かれていても、たくさんの葬儀が行われることになることを忘れてはならない。

 

【解説】
老子は戦争を憎む。平和主義者だ。この時代、戦はたびたび行われ、悲惨が地に満ちていた。その悲惨を老子は見て感じたのだ。当時、中国では支配者たちの力は強大であった。それほどまでに、大先進国の中国では、高度に政治的・軍事的な支配構造が確立していた。だから支配者に戦争の害悪を知らしめ、悲惨のないこの世を夢み主張したのだ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 祝祭に向かう国で | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十二 止まるを知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子 - もう一つの道』 三十一 戦争は悲惨なものである:

« 祝祭に向かう国で | トップページ | 『老子―もう一つの道』 三十二 止まるを知る »