UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 四十 柔弱を尊ぶ : よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 三十九 一なる原理 | トップページ | ローマ帝国衰亡史 »

2019年2月17日 (日)

『老子―もう一つの道』 四十 柔弱を尊ぶ 

【口語自由訳】

何もまっすぐ突き進むだけが能ではなかろう。強くて鋼(かた)いことだけが価値ではないのだ。そこをよく考えれば「道」というものがわかる。この世のすべては「有」の世界の関連の中から生まれたのではあるが、その「有」そのものを生み出したのは「無」である。このことに思いをひそめてみよ。

 

【解説】
強くて鋼(かた)いものを尊ぶのが世の常、ならひ。しかるに老子は、柔軟に行くことに価値を置く。堅苦しい表面的な建前だけの世界の背後に、自由で華やかで明るい無碍の世界が広がっている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 三十九 一なる原理 | トップページ | ローマ帝国衰亡史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 四十 柔弱を尊ぶ :

« 『老子―もう一つの道』 三十九 一なる原理 | トップページ | ローマ帝国衰亡史 »